考え方

適当に10問よりも1問から多くを得るべし!

てきとうとしっかり

こんにちわ〜ゆうとです。

受験生の頃って焦りと不安から、いろいろやりがちだと思います。

とにかく前に進まないとおおおお!

あの問題もやらないと!!

この問題もやらないとぉ!!!

みたいな感じ。

でも実際には、本質的には、

問題を解くことはあくまで手段です。

手段は、目的に到達するための道具ですね!

問題を解く目的は、その問題から何かを得ることです。

例えば!

手段:英文法の不定詞の問題を10問解く

目的:不定詞についての理解を深めること

問題を解いていって解説を熟読することで、

「あああ〜こうやって不定詞の形容詞用法って和訳すんのね」

とか、

「あああああ〜こうやって不定詞の名詞用法って使うのね」

とか、

そういう感じのことを学んで脳みそに入れていくのが、本質なんですね〜!

しっかりとその問題から何かを得られているか?

本当に勉強になっているか?

問題解いて丸つけして満足してないか?

ここらへんを今一度、自問自答してみてください。

そうすると、意外と,,,焦りから,,,

勉強になってないことをしてるじゃないのぉ〜!?

と発狂するかもですw

自問自答してみて、

うむ。我の勉強は確かに勉強になってオルゾ。たわけめ。

と思えたら、それはGOODなラーニングになっているということ!

その状態ならあとはひたすら作業ゲー!

重要なのは、解くことや反復することではなくて、

学んでいくことですね〜!!

ただ、学ぶために、解くことや反復することが必要というそれだけのお話( ´ ▽ ` )

本当に目の前の問題から、

何かを学べているか?

これ、自問自答してみると、勉強時間に対する質が向上します( ´ ▽ ` )

椅子に座ってるだけでは伸びない( ´ ▽ ` )

脳みそにマジでつっこむんだ( ´ ▽ ` )

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です