スタディサプリ

スタディサプリの数学3(数Ⅲ)はどう?レビューしてみた!

スタディサプリ数3を解説

「スタディサプリの数3ってどうなん?」って声が近所から聞こえてきたので(!?)、レビューっていきたいと思います。

数学Ⅲって普通に積の微分法やらハサミうちの極限とか、意外と理屈を理解するのがムズイんですよね。

そういうチョイ理解しにくい単元は、授業で解説つきのものからやると分かりやすいです。

というわけで、スタディサプリの数Ⅲをレベル別に分けて「良いわっ!微妙よっ!分かりやすいわっ!」てきなことをあーだこーだ言っていきたいと思います。

スタディサプリ数学3をレベル別に紹介

まず最初にスタディサプリ数学Ⅲをレベル別に紹介していきたいと思います。

  • ①スタンダードレベル
  • ②ハイレベル
  • ③トップレベル

という3つで構成されてます。

ざっくり説明するとこんな感じです。

  • スタンダード→入門~基礎レベル
  • ハイレベル→青チャート~1対1レベル
  • トップレベル→ムズイ

ぶっちゃけ、ガチで「超使える!!おまえだよ!世界はおまえを待ってたんだ!」となるのは、スタンダードとトップレベルの2つだけです。

でも、トップレベルはぶっちゃけムズすぎてほとんどの人がいらないので、スタンダードレベルをベタ褒めしていきますね。

(早慶理工以上を目指すならトップレベルは

スタンダードレベル数Ⅲ→入門レベル~基礎で最強

スタディサプリ数3すたんだーどれべる

数Ⅲスタンダードレベルは、救いの神です。

具体的にどういうことかというと、数Ⅲって定番の参考書のチャート系の前のものがほぼないんですよね。

「いいかー!?極限ってのはこういうのでー!!」
「ここはこう解いて~こうしてーあーしてー」

ってのがないので、必然的に学校や塾or予備校で習うことになります。

その手のものは金銭的に費用も高いですし、何より受けにいくのがメンドイというデメリットがあるわけです。

しかも1回しか受けられません。

一方で、スタディサプリのスタンダード数Ⅲ(救いの神)を使うと、そういった超基礎であり本質的部分が普通に学べます。普通に。

何度も見れますし、全単元見れます。

基礎から超丁寧にかみくだいて説明してくれる講座を見てー

数学3極限 授業

見終わったら、テキストで演習をチョイチョイっとして、青チャートの例題とかにつなげれば数Ⅲは余裕なはずです。

ていうか、余裕です。

ちなみに担当の先生は、堺義明先生という方になります。

この方ですね↓

最初見た時はぶっちゃけ、「こいつちょっとやべーんじゃねーか?」とか内心思っちゃいますが、めちゃくちゃ分かりやすいですwやっぱプロだったw

個人的には、上のyoutube動画では堺先生の良さが分かりにくい(問題と動画自体が微妙)ですが、他の単元なんかは説明がゲロうまいです。

しっかり1から解説してくれるというか、、、とにかく詳しいです。

  • 数Ⅲを基礎から勉強したい
  • 数Ⅲやったことない!
  • 数Ⅲ苦手すぎるうう!!!

って人は、スタンダードレベルの数Ⅲを使うといいですよ。

いいですよっていうか、使ったほうがいいです。

サプリ見る&解くで基礎習う⇒チャートで演習という流れで勉強すると効率良く勉強できます。

スタディサプリ公式サイトへ

ハイレベル数Ⅲ→大学受験基礎~標準

スタディサプリ数3ハイレベル

スタディサプリのハイレベル数Ⅲは、ある程度の基礎ができている人におすすめの講座です。

レベル的には青チャートの例題~1対1演習(という参考書)くらいの難易度になります。

ハイレベル数Ⅲと青チャートの例題の2つをやりこめば、偏差値65くらいはいけるのかなーと思いました。

大学受験でマーチを目指してる人なんかは

  • ①スタンダード数Ⅲやる
  • ②青チャートの例題やる
  • ③ハイレベル数Ⅲやる

っていう3つで、数ⅢはOKOK。

早慶レベルの人は、逆にハイレベル数Ⅲはやらないで、青チャートの例題が定着してきたら1対1の演習にいくといいのかなーと思います。

ぶっちゃけ、ハイレベル数Ⅲはやってもやらなくてもいいです。

数Ⅲがムズイのは基礎の部分で、基礎さえ入れてしまえば、そっからは青チャートだので演習パラダイスになります。

だからなくてもOK。

トップレベル数Ⅲ→難関私立と国立

スタディサプリ数Ⅲトップレベル

トップレベルは普通にムズイですw

偏差値70以上の人におすすめできる講座ですが、圧倒的な少数だと思います(笑)

難関国公立大学向けのレベルなので、学力が既にかなりあって、授業でプロの解き方や考え方を真似たい人におすすめできます。

ここまでできたら単純にすごいw

やるのであれば、偏差値70以上の人がやるといいですね。

単元ごとに反復して、1つずつ定着させていくと、定着度が上がるはずです。

逆に全単元1周を1セットにすると、定着する前に忘れそうなんで、単元ごとに反復していくのがおすすめですね。

【まとめ】スタディサプリ数Ⅲは基礎固めにおすすめ

スタディサプリ数Ⅲ

スタディサプリの数Ⅲはレベルが3段階あって、どんな人でも使えるっちゃ使えます。

でも、個人的には「数Ⅲをこれから勉強したいわっ!!」って人に超おすすめします。

もちろんレベルがすでに高い人も良いとは思うのだけど、そういう強いやつらは自分で決めればよし!

勝手にしなさーい!!(だ、誰だオマエ!?)

普通にレベルが高い人は1対1とかひたすらやってりゃ学力は伸ばしまくれますw

一方で、

  • これから数Ⅲを勉強していきたい
  • 数Ⅲの基礎がまだあやしい

という人は、スタディサプリで基礎レベルを習って解いてから、青チャートの例題をやると史上最強に効率が良いです。

数Ⅲって上にも書いたように、どうしても理屈の部分がチョイムズメっちゃむずめです。

理解ができないでひたすら反復暗記に走ると、基本的に理系科目は詰みます。

やっても学力が伸びない悲しい子になっちゃいます。

そういった悲しい子にはなってほしくないので、まずは基礎があやしいひとは基礎をプロから習いましょう。

基礎を習っちゃえば、あとは青チャートの例題を単元ごとにやってけば数Ⅲはもうパターンゲーになっていきます。

月額も1000円しかかからないですし、全単元全科目授業が見放題なので、普通に使うと良いんじゃね?と思います。

スタディサプリで基礎をぶっこんで勉強していけば数3でもサクサク勉強していけますよー。

スタディサプリに登録してみる

関連記事