数学の勉強法

【確率を独学で攻略】確率が苦手な人におすすめの参考書と勉強法

苦手な確率を克服する方法

確率が苦手な人向けに「確率の攻略法!」についてです。

確率って慣れてない時は「意味わからない!」と発狂しそうになりますが、基礎さえできれば超難問以外は普通に解けるようになります。

難しく感じるのは、最初の場合の数とか組み合わせの考え方だけです。

ぼくも受験生の頃に確率がクッソ苦手だったんですが、慣れてくればまあまあ標準的な問題は解けるようになりました。

結局、

  • 超基礎から学べる分かりやすい参考書で
  • 1つ1つ演習していこう!

ってところにつきるんですが、そのシンプルな2つを詳しく解説していきますよー。

それこそが我が天命です。hahaha!

この記事では確率が苦手な人向けに具体的な参考書と詳しい勉強方法について書いていきたいと思います!

ゆうと
ゆうと
分かりやすい参考書で慣れていけば余裕っスヨー!

確率の基礎固め前に確認するべき事項

まず確率は

  1. 場合の数
  2. 組み合わせ

という単元から学習する必要があります。

確率って場合の数や組み合わせの延長上にあるので!

最初はとにかく簡単な場合の数と組み合わせの問題からやりましょう。

その際に重要なのは、とにかく解説が丁寧なもので勉強することです。

「行間」と呼ばれている部分、「XXXだからYYY」といった、「〜だから」という部分を意識して勉強すると確率はできるようになります。

逆に言うと、確率ほどノリで解くと定着しない単元はないので気をつけましょう。

関数とかはぶっちゃけノリでもいけるんすけど、場合の数とかって理屈から抑えていかないと、まじで分からなくなりますw

ゆうと
ゆうと
ノリだめ!ゼッタイ!

確率の基礎固めに最適な参考書

確率の超基礎となる部分は

  1. スタディサプリのベーシック講座
  2. 坂田アキラの確率が面白いほど解ける本

の2つのどちらかがおすすめですね!

ゆうと
ゆうと
どっちも分かりやすいゾー!

①スタディサプリのベーシック&スタンダード講座

確率を基礎からやるなら、スタディサプリのベーシック講座の「場合の数と組み合わせ」からやるのがおすすめ!

スタディサプリを使って確率を勉強すると

  • 理屈の部分から授業で学べて理解しやすい
  • 理解できるまで授業を見れるから神
  • ぶっちゃけスタディサプリで分からないってことはない

ってのが使うメリットです。

ゆうと
ゆうと
スタディサプリの授業をみて分からない!ってことはないっすw

参考書で独学でやるよりも、実際にプロが解説してる授業を見る&聞くことができるので、そこが良いところですねー。

何度でも基礎レベルから授業が見れるので、理解できないってことはないと思います。

普通に考えれば分かるんですが、

  1. 参考書で無機質な解説を読んで理解していく
  2. プロの授業を見て真似て理解していく

のどちらが理解しやすいかっていったら、言うまでもなく後者です。

確率を超基礎レベルから勉強できるだけじゃなくて、他の科目や単元でも使えるんで、登録しておいて損はないと思います!

もちろん、確率も最高に分かりやすい!

ゆうと
ゆうと
数学を勉強する人なら使うとイイゾー!

スタディサプリの登録はこちら

坂田アキラの確率が面白いほど解ける本

確率が面白いほど解ける本

ぼくが受験生の頃はスタディサプリがなかったので、この坂田先生の参考書を使いました。

青チャートの確率がよくわからなくて発狂してしたので、この参考書をとりあえずやってみることに!

具体的にこの参考書の何が良かったのかというと、

  • 解説が丁寧
  • 図がいっぱいあって分かりやすい
  • 問題が優しめ
  • 表紙がかわいい

といったところ!

ゆうと
ゆうと
参考書だったらコレが1番おすすめっすねー!

チャート系の参考書や教科書が理解できない人はこの参考書でも確率を0から勉強していけると思います!

ただ、スタディサプリと分かりやすさで言ったら、スタディサプリのが超初心者からでも学んでいけるかなーとも思えますので、ちょっとだけ基礎がある人向けかなぁ。

  • 確率(場合の数なども)だけピンポイントで苦手!
  • スタディサプリは使えないぜ!

とい人はこの参考書でも良いと思いますよ!

あと参考書表紙でブヒりたいやつらは買えばOK(!?)

Amazonで確率が面白いほど分かる本の購入はこちら

確率の基礎固めのコツと勉強法

こっからは確率の基礎固めをするための、勉強方法やらコツについてです。

  • 場合の数やるぅ!
  • 次に確率やるぅ!

みたいなことしか書いてないんすけど、読んでおくと「こうすりゃいーのねw余裕!」となるかもしれません。

ゆうと
ゆうと
手順通りやると効率いいっすね!

【STEP1】場合の数と組み合わせの勉強を徹底する

まずはとにかく、

  • 場合の数
  • 順列
  • 組み合わせ

といった単元から勉強しましょう。

なぜこれらの単元からやるべきかというと、確率って所詮ただの「場合の数」を分母と分子に置くだけの単元だからです。

ゆうと
ゆうと
確率が苦手な人は場合の数の考え方が苦手な人が多いよ!

ぼくも確率が苦手だった時はこの「場合の数」の考え方がすごく苦手でした。

とりあえずノリでPとかC使いまくる、、、みたいな。

PもCも理屈の部分があって、その理屈をふまえて使うのが大事です。

こういった確率の理屈部分となる

  • 場合の数
  • 組み合わせ

といった単元は、上に紹介した参考書の導入部分や解説授業を見まくってから、演習していけばできるようになります。

計算ゴリゴリ!って感じよりも、理屈をふまえて立式するほうが大事!

とは言っても「理屈の理解」は演習量に比例する

  • いいですかぁ~?
  • 確率は!
  • 理屈が!
  • 大事!

とか言われても、意味ワカランですよね。「じゃあどうすればいいんだよはげが」って思うはずです。

ぼくはハゲてはいませんが、順列や組み合わせといった単元も、他の単元と同様に演習量に理解度は比例してきます。

演習しないで理解するのはやっぱ無理です。

上で紹介した参考書2つで、解説を読む(授業を見る)ということをしつつ、1つ1つ演習していくと得意になっていきますよー!

ゆうと
ゆうと
解説とかは何度も読もう!

【STEP2】確率の演習をやる

  • 場合の数
  • 順列
  • 組み合わせ

といった単元ができてきたらいよいよ確率をやっていきましょう。

順列や組み合わせは確率の基礎にはなりますが、確率の単元には確率の単元のパターン問題みたいなものもあるので、しっかりと確率も演習していくのが大事!

ゆうと
ゆうと
順列や組み合わせができてれば解説読んで解いて反復するだけー!

詳しい反復のやり方や記憶への定着のさせ方は下の記事を参考にしてくれるといい!

確率に限らず、数学の問題演習にもやり方があります。

あわせて読みたい
数学の基礎固め
【大学受験】数学の基礎を固める参考書と勉強法【0~偏差値60】数学の基礎固めの勉強法と参考書についてまとめました。実は数学は基礎さえ固めれば偏差値60は超えてきます。偏差値60を超えるにはそこまで多くのことは必要ないので、この記事を読んで最小限の努力で最大の結果を得ちゃってください。...

【STEP3】確率の基礎ができたら演習量を増やす

  • 確率が面白いほどわかる本
  • スタディサプリ

あたりで確率の基礎的な問題ができるようになったら、演習量を増やしていきましょう。

解けるパターンを増やしていくというか、そんな感じです。

使う参考書は

  1. 青チャートの例題
  2. 1対1対応の演習

の順番で良いと思います。
(1対1は偏差値60以上の場合にのみおすすめ)

ここらへんから特に言うことはなくて、しっかりと正しい勉強法でやっていければ大丈夫です。

ゆうと
ゆうと
こっからはパターンゲーやで!

下の記事2つが参考になると思われますので、数学を得意にしたい人はチェック!

あわせて読みたい
数学の基礎固め
【大学受験】数学の基礎を固める参考書と勉強法【0~偏差値60】数学の基礎固めの勉強法と参考書についてまとめました。実は数学は基礎さえ固めれば偏差値60は超えてきます。偏差値60を超えるにはそこまで多くのことは必要ないので、この記事を読んで最小限の努力で最大の結果を得ちゃってください。...
あわせて読みたい
偏差値60から70応用編
偏差値60⇒70突破!大学受験数学応用レベルの勉強法と参考書大学受験数学の偏差値55~60→70にする方法!この記事を読めば、偏差値70までの道筋が見えるはず!実際にぼくもこの記事に書いてる方法で偏差値70超えましたし、かなり再現性は高いと思います。...

難しいのは確率に限らずどの単元も「最初だけ」です。

最初だけ時間はかかりますが、焦らずじっくりと理解してやっていきましょう。

やることが多いからこそ1つ1つやるのが最短なんすよねー!

確率の参考書と勉強法まとめ

確率も1つ1つ手順通りやれば意外とスンナリできるようになります。

ある程度慣れてきたらもはやパターンゲーというか、パターンゲーですね。

ゆうと
ゆうと
難しいと感じるのは最初だけ!

特に何度も書いてるように、確率は、

  • 場合の数
  • 順列
  • 組み合わせ

らへんの基礎的な考え方が身について来れば、加速度的にできるようになってきます。

基礎をすっ飛ばすのではなくて、とにかく1つずつ!1つずつやるのが1番最短!

参考書は「スタディサプリ」か「確率が面白いほど解ける本」のどっちかがおすすめ!

自分にあったほうを選んで使うといいでしょう!

スタディサプリの登録はこちら

Amazonで確率が面白いほど分かる本の購入はこちら

↓読むと1.5倍くらい勉強の効率が上がるかも

あわせて読みたい
数学の基礎固め
【大学受験】数学の基礎を固める参考書と勉強法【0~偏差値60】数学の基礎固めの勉強法と参考書についてまとめました。実は数学は基礎さえ固めれば偏差値60は超えてきます。偏差値60を超えるにはそこまで多くのことは必要ないので、この記事を読んで最小限の努力で最大の結果を得ちゃってください。...
あわせて読みたい
目の前の1時間に集中する
1日10時間の勉強よりも目の前の1時間で学力はクソ伸びる勉強は1日10時間って決めてやるよりも、小さく積み重ねたほうが結果的に勉強量が増えるぞ~ということについて書いてます。受験で結果を出すには短期的ではなくて中長期的にやれるほうが強いです。この記事を読むと「幻想の努力」というものを知って、「本当の努力」ができるようになるはずです。...