数学

【独学OK】大学受験の数学のおすすめ参考書3つ【偏差値30→70】

おすすめの数学の参考書

「大学受験用の数学の参考書を探してる!」
「効率よく勉強できる数学の参考書を教えてくれ!」

といった疑問にお答えする記事です。

実際にぼくが、偏差値30→70にするまでに使った参考書と、「これはよいです」と思った推しメンの参考書をご紹介します。

この記事では、てきとーにいろんな参考書を紹介する!というよりも、本当にいい!と思った完全に主観の参考書を3つだけご紹介です。

ゆうと
ゆうと
偏差値70くらいまでなら、
数学はそんなに参考書いらんですよ〜
紹介している参考書3つ
  1. スタディサプリ
  2. 青チャート
  3. 1対1対応の演習

数学のおすすめ参考書3つ

スタディサプリ

サプリの高校講座
対応偏差値 30~70以上
用途 入門〜応用レベルまでいける

スタディサプリ先輩は、入門〜基礎でめちゃ使えます。

映像授業で理屈の部分、導入部分から学べるので、参考書よりも感覚的にわかるのがよいところです。

おすすめの使い方は、入門〜基礎で授業とテキストを使ってひたすら全単元の基礎固めをすることです。

シンプルに、基礎固めはスタディサプリのみか、スタディサプリと青チャートらへんでよいと思います。のびます。

↓映像授業のサンプル

スタディサプリ公式サイト

青チャート

青チャートの画像
対応偏差値 50~65くらい
用途 受験基礎を固める

大学受験数学の定番、青チャート先生。

入門〜基礎レベルが終わってから青チャートの例題を3〜5周程度やりこめば、理系でも偏差値60は普通にでます。文系ならもっとでます。

ぼくも受験生の頃に、そこそこ基礎ができてから例題をやりまくり偏差値60を超えました。

入門〜基礎レベルの数学の勉強が終わってる人に圧倒的におすすめです。

青チャートの例題と練習問題

↓エクササイズ問題と章末問題もあります。

青チャートのエクササイズ問題

青チャートはど定番ですが、マーチくらいまでならひたすら例題や練習問題を一心不乱にやりこめば問題なしですね〜。

入門レベルが終わってる人に、ゴリ推ししておきます。

1対1対応の演習

1対1対応の演習
対応偏差値 55~70以上
用途 受験標準レベルを固める

全単元が終わっていて、偏差値55くらいか、
青チャートの例題がスムーズに7割くらい解ける状態でとりかかるのにおすすめなのが、1対1対応の演習です。

ぼくも自宅浪人してる時に、青チャートの例題→1対1をやりだして、数学に少しだけ目覚めました。

偏差値48から70
【自宅浪人】ぼくが偏差値48⇒70にするまでにやった勉強方法自宅浪人してから偏差値がゴリゴリと伸びていったときに取り組んだ 勉強法 勉強量 メンタル系 みたいな...

↓構成

1対1対応の演習の構成
難易度

例題→青チャートに毛がはえた程度
演習問題→ムズイ(やればすごい実力つく)

例題もまあまあよいのですが、特に演習問題をやりこめると、数学マッチョになれます。

解説も青チャートと同じくらいか、チャートよりちょびっと、丁寧です。

ぼくは途中でメンタルが終わって勉強できなくなり完璧にはできなかったんですが、8割くらい1対1の演習問題を解けるようになれば、おそらく偏差値80くらいはでるかな〜という印象です。

ただやっぱり、基礎ありきではあるので、しっかりと基礎を固めてからとりかかるとよいですね!

ゆうと
ゆうと
頻出の単元だけやるとかもありですよ〜

例えば、理系なら数3の微分積分だけやるなどなど。数1とかまでやると普通に時間足りないですし、あんま頻出じゃない単元はそもそも入試ででないです!

全部はむり!

数学参考書のおすすめルートを3パターン

数学参考書ルート

一応、おすすめのルートみたいなのも書いておきます。

ただ、どんなスタイルでやっても、何をやったかよりもどれだけやりこめたかのが重要なのでそこだけはお忘れなく〜!

やりこみ信者になりましょ!

スタディサプリと青チャート

基礎固め→スタディサプリのベーシックやスタンダード
演習→青チャートの例題

マーチくらいを目指す人におすすめのルートです。

数学を独学で勉強できる環境は整うので、あとは不明点などを人に聞いたりして進めていきましょう。

スタディサプリ、青チャート、1対1

基礎固め→スタディサプリ
受験基礎→青チャートの例題
受験標準→1対1の例題と演習問題

ちゃんとやれれば、偏差値70はでます。

早慶以上や難しい国公立を受けるなら、1対1をどれだけやりこめるかにかかってくるかと思います!

1対1をガッツリやりこめれば偏差値80くらいはいきそう。(ぼくはむりだった。70でメンタルが死んだ)

1つだけやる

えーい、めんどくえ〜。

1つだけやるぜ!

このスタイルもありですね(笑)

普通に青チャートだけやりこむとかでも、偏差値70とかは超えられます。

何をやるかよりも、どれだけやるか、です。

あとは、実際問題、時間ってそこまでないので、いろいろはできないのが現実的な問題点としてもありますね!

ぼくも自宅浪人するときに、チャートと1対1が終わったら、やさ理に〜、微分積分の基礎に〜とか、なんか妄想してましたが、そんなに時間がありませんでした。

ゆうと
ゆうと
あとは何個かにしぼってやれば、普通に偏差値70くらいはいきますよ〜!

まとめ

  1. スタディサプリ
  2. 青チャート
  3. 1対1対応の演習

以上3つがおすすめよーって記事でした。

しつこいかもですが、何をやるかよりも、どれだけやれるかのがダイジです!

しぼってやりこめれば、ぜったいに!のびます!

勉強法の記事も書いておりま〜す。

数学の効率の良い勉強法
【独学OK】大学受験数学のゲキノビ勉強法【偏差値30→70まで網羅】大学受験の数学を独学で偏差値70以上にする方法を書いてます。文系理系とわず使える方法なので、この記事を読んで正しい数学の勉強のやり方について学んでおきましょう。正しい勉強法を知ることで、方向性がブレずにメンタル安定して勉強することができるはずっ!...

トップページに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です