勉強法

【大学受験】模試の成績が上がらない時に見直すべき5つのポイント

大学受験で偏差値が上がらない時の対策

「勉強しても偏差値が伸びない(怒)
「模試の成績が上がらない!」

という受験生向けの記事です。

大学受験の勉強で、『勉強をしているのに偏差値が伸びない』というのは、大体の場合この記事で網羅しているパターンに当てはまってると思われます。

大学受験で重要なのは、

といった2つです。

逆に言うのであれば、それなりに正しい勉強法でそれなりに勉強をしていれば、伸びないわけがないってところですね。

この記事を読んで「何がミスってるんだろう?」と自問自答してみてください。

おそらく人それぞれミスってるところは、違います。

ゆうと
ゆうと
1番アルアルなのは、勉強法が確立できてないことカナア~

大学受験で勉強をしても伸びないパターン

勉強してるのに伸びない

自分の思いつく限り網羅しまくってみました。

①いろんな参考書に手を出しすぎ

『いろんな参考書やりすぎ問題』は、もはや大学受験で失敗する伸びない勉強の代表的なパターンになります。

自分も学力が低かった時ほど、

「参考書はこれも!あれも!」
「Aこそ至高の参考書だ!!良書!良書!」
「やっぱりコッチのがいいんジャネ??」

などとほざいてました。

あとは、参考書も頻繁に買い替え~の、塾のテキストもかじってみ~の、単語帳も3つ持っていてアッチいったりコッチいったりしてましたね。

人生において、非常に無駄なひと時でした。

で、具体的になんでいろんな参考書を中途半端にやったらダメなのかというと、理由は精神面~勉強法的な側面まで様々です。

  • 記憶に定着するまで反復しない←致命的
  • 1回やって満足する←記憶に残らない
  • 精神的に何かにすがろうとしている←主体性がない
  • 何をやるか迷う←無駄
  • 勉強じゃないことに時間と精神的なコストがかかる←勉強してない

効率を追求するのは確かに重要なんですが、受験勉強の場合は変に効率を求めれば求めるほど、逆に遠回りになってしまうことは超アルアルですね。

「コッチの参考書のがよさそう!」と思って飛びつくのを永遠にループするみたいやつ。

と言っても、「参考書をいろいろ無駄にやらない」というのは、実は受験生の心理上すごく難しいです。

なんでかっていうと、参考書をしぼってひたすらやることは、

  • 地味
  • 退屈
  • 不安

といった感情がわきでてくるからですね。

ぼくも高3の頃(勉強してるのに偏差値が伸びない…)全落ちしたときはまさにこういった、地味さや不安といったところから、いろんな参考書をやってました。

なんていうか、いろいろやったほうが伸びるような『幻想』を抱いてしまうんですよね。

参考書を買うときワクワクするアレです。

「いや、参考書を買うだけじゃ伸びねーからな!」って昔の自分に言いながら往復びんたしたいところですね。

俺氏が偏差値を30⇒70に上げた模試推移を発表

で、結果的にどれも中途半端で、実力になるまでの記憶定着が得られずに、勉強してるのに学力が伸びないという現象に陥りました。つらかったですぅ。

そんなわけで、まずは「勉強してるのに模試の成績が上がらない!」という人は、

「参考書をやたらめったらやってないか?」
「無駄に参考書を買いすぎてないか?」

ということを確認してみてください。

もし、やることが絞れていない状態でいろんなことをがむしゃらにやっていたら、結構危険なので今すぐなおしたほうがよいです。

解決策:参考書はできるだけしぼってやる

『いろんな参考書に手を出してしまう』の解決策は、できるだけ参考書を減らしてやることです。

分かりやすいので、英語の事例をあげると、

↓英語の参考書のしぼり例

  • 英単語⇒システム英単語のみ!
  • 英熟語⇒解体英熟語のみ!
  • 英文法⇒スタディサプリで習ってネクステのみ!
  • 長文⇒やっておきたい300のみ!
  • 不明点は塾の先生に聞く!OK!

上のように、単元ごとにしぼってやるイメージです。

しぼれば、やることは超シンプルになって、迷いが消えます。

まあ地味とも言えますが。。。

やるものをしぼったらひたすら反復するのみで、8割~9割程度定着して「余裕すぎて発狂しそう!」とぼやきだしたら次の難易度の参考書をやりこめばOKです。

そのクッソ地味なループを耐え抜いていると、気付いたら模試の偏差値が10アップしてるとかはわりと普通にあります。

ちなみに余談ですが、上に書いた4つの参考書をやりこんで8~9割定着すれば英語の偏差値60は軽く超えます。(長文はちょっと足りないけど!)

  • いろいろな難しい参考書
  • いろいろなテキスト
  • いろいろな授業
  • 誰々氏おすすめテキスト!!

といったもので勉強したほうが良いような錯覚を起こしますが、実際には着実に1つ1つ、本当に1つ1つこなしていくほうが学力伸びます。

参考書は少ない数のものを完璧近くまでやるとイイヨーってお話ですた。

少なくとも偏差値70程度までなら、そんなにやたらめったらいろんなことはしなくても大丈夫です。

ただまあ、「自分なりにこれはイケるぜ!」って方法・メンタル状態を確立するのが1番難しかったりします。

補足系の記事は下で。

補足:参考書やテキストをやりこむとは?

もう少し深堀りしてみます。

分かりやすいので、単語帳を例に。

1冊をやりこめている、知識を吸収しまくれているかどうかの基準は、英単語帳であれば、

  • 単語を全て赤シートで隠して日本語が言える
  • 見て一瞬で意味が出てくる

みたいなところです。

それができていないのであれば、単語帳ウンヌンの前に、反復が足りてません。

超シンプルに言えば「もっと反復してね」ってことです。

勉強量を増やすための記事一覧

②作業ばかりしている

たまに勉強と作業の違いが分かってない人がいるので、作業ダメよってことも書いておきます。

勉強⇒脳みそに記憶として内容を定着させること
作業⇒ただの作業で脳みそに記憶として内容を定着させることができないこと

具体的にこういうのをやってるとヤベエゾってのは、

  1. カード作り
  2. ノート作り

といった、そこらへんの作業系です。

  • 参考書選び
  • 推しメンの講師を見つける
  • 最強のテキスト論を語ること

なんかも作業であって、勉強ではありませんね。

よく高校なんかだと「きれいにノートを取りましょう^^Vブイ」てきなことが言われますが、ぶっちゃけ学力を伸ばすという1点においては、ほぼ無駄です。

丁寧にノートを作って全部記憶できるのか?

ノートを作るだけじゃ記憶できません。

わざわざ参考書にまとまってるものをまたまとめて意味があるのか?

意味ありません。時間の無駄です。

ちなみにまとめ系って、まとめて満足しちゃうことがほぼ100%なので、ほぼ無駄になります。

当時高校生でピッチピチだったぼくも「まとめてから覚えるしwww」とか言っていましたが、いざ作り終わって1週間もすると、お蔵入りしてましたね。ソウイウモンデス。

対策:本当に実力になることを意識的に勉強する

↓実力(学力)になる例

  • 単語を1個でも覚える
  • 熟語を1個でも覚える
  • 問題を1個でも解いて理解する
  • 決めた参考書解説を熟読しまくる

↓実力にならない例

  • 単語カード作る
  • ノートを作る
  • 勉強法を徹底的に調べる
  • 楽して伸ばす方法ねーかな?とネットで情報収集
  • 勉強方法の本を購入して満足する

ま、シンプルにそれなりの勉強法が身についてきたら、あとはひたすら『勉強すること』に集中しようねってことですね。

しつこいかもしれませんが、『勉強すること』に集中することです。

「この参考書をやろぉ~」と決めているのであれば、それを飽きるまで何度も何度も反復して、人に説明できるレベルになるまでやる!ってやつですね。

作業系の無駄を減らすには

まず、作業系の無駄な時間をやめるには、自分自身で無駄だということを認識することです。

「は!?この手はなんだ!?」と部屋で1人でぼやきつつ、手をおさえて、覚える方向に努力しましょう。

自分自身で自己を認識するというのは書くのは簡単ですが、案外難しいです。

無駄だということにすら気付けない場合も多いですし、謎の自己正当化が始まる場合もあります。

自分自身で無駄を認識することは難しいのだけど、これに関しては自問自答して慣れていくしかないですね。

「あれ?これ無駄じゃね?」
「やめよう。あほかおれは・・・。」

てきな感じで。

勉強の作業系に関しては、本当に時間の無駄です。

1日30分こういった無駄な作業を勉強時間に組み込んだとしたら、1年間で

0.5時間×365日=182.5時間の作業時間になります。

1日8時間勉強するとしたら、1年間のうちの約22日を覚えることではなくて作業することにつぎ込んでしまうイメージですね。

作業すること自体に意味はなくて、大学受験では覚えてアウトプットできるようにできるのが正義です。

ノートにまとめたりカードにまとめたりするよりも、

  • 音読をしまくる
  • 赤シートで言えるかチェック

といったことをやりまくったほうが確実に学力は伸びます。

と、まあ、作業は無駄ダヨネ!勉強することに集中しようね!ってことをお伝えしたいです。

③塾や予備校にガッツリ依存する(受け身はNG)

3つめは、塾や予備校におんぶにだっこされてるパターンです。

当たり前ですが、塾や予備校にただ行っていても、学力は上がりません。

塾や予備校は利用するものであって依存する場所ではないからですね。

結構ココ勘違いしがちなんですが、塾や予備校ってのはただの道具(ツール)にすぎません。

  • 「塾に毎日自習に行けば!」
  • 「あの授業を取ってれば!」
  • 「あの先生の授業を受ければ!」

といった依存心タラタラの無思考状態で勉強すると、余裕で学力が伸びません。

正確には、『学力を伸ばすために必要なことを自分でやらなくなる』ってところでしょうか。

学力を伸ばすのに必要なのは、自分自身で必要なことを勉強することです。

塾や予備校に言われた「この授業も!あの授業も!」という提案にそのまんま乗っかってると、まあまず精神面で終わってます。

自分で考えて戦略を持って取り組んでいないので。

塾や予備校を利用する際には、なぜ必要なのかを自分で考えてみるほうがよいです。

そこに明確な理由がないのであれば、それはただの惰性で惰性による惰性の行為です。

「英文法の分詞がどうしても自分で理解できない!」
⇒「授業を見て勉強しよう!」

「某先生の授業を見るとすごくやる気がもらえて毎日コンスタントに勉強できる!」
⇒「毎日授業を見よう!」

こういう授業の使い方はアリですね。

自分の目的に必要だからただの道具として、塾や予備校を使うというのが重要になります。

塾や予備校はただの学力を伸ばすための道具であって、塾や予備校に行くこと自体が目的ではないので。

比喩るなら、穴を掘るためにドリルが必要なのであって、ぼくらはドリルがほしいわけではないはずです。

ドリルの例と同様に、塾や予備校に行きたいわけじゃないわけじゃなくて、大学に合格する学力がほしいわけです。

学力を効率良く手に入れるために使うというのが正解です。

よく受験生がやっちゃいがちなのは、塾や予備校の言いなりになってしまうことです。

「塾でこの授業をオススメされたから取る」
「塾の先生に言われたから無思考にやってみる」

そうじゃなくて、『自分で必要だから使う』という主体性が学力を伸ばすには必要になります。

大学受験で自分の行きたい大学に合格するために、サービスを利用するわけですね。

ま、自分で考えるというのは、簡単なように思えて実はすごい難しかったりしますので意識的にやらないとアカンことです。

対策:自分で勉強するという意識を強く持つ

塾や予備校に依存しないせずに学力を伸ばすには

「自分自身でやるんだ!」
「自分自身で学力を伸ばすんだ!」

という当事者意識、いわゆる主体性を自ら育むしかないと思われます。

ぼくの場合は、高3の頃に大学に全落ちしてようやくこの主体性が芽生えました。

正確には、このままやっていてもだめだな~と失敗して気付いたような感じです。

俺氏が偏差値48⇒70にするまでにやったこととか

「このままやっててもたぶん受からねぇ。。。」
「結局、いろいろテキストとか参考書持ってるけど、何も覚えてなくねーか??」

といったような、気付きですね。

ある意味、塾や予備校での人間関係というのは心地が良かったりします。

自分よりできない人がいて、自分をdisってくる人なんていなくて、応援してくれる場所だからなんだか居心地が良いわけです。

授業を取っていれば、、、
最後までがんばれば、、、
努力すれば合格できるのでは?

という幻想を抱いてしまいます。

誰も「今のおまえまじでダメだよ。それじゃ余裕で落ちるよ。あははw」なんて言ってくる人はいませんよね。(いたらおもしろいですがw)

でも、そういった甘い環境は人の意識を変えないことが多いです。

「ありのままの自分で良い!」なんてのは目標を達成するためにはありえません。

無理やり自分を変えていかないと、やっぱり目標には到達できないわけです。

だからこそ、自分自身で「このままで本当に良いのか?」ということを意識しないといけません。

がんばって勉強してきたけど、偏差値が思ったよりも伸びないとか、このままでいいのか分からない、なんて場合は自分で変えていくしかありません。

おそらく、『主体性』という一言にまとまると思います。

発狂するまで自問自答してみてください。

今のままで順調に伸びていく見込みがあるならそれでOK!

今のままがダメだと思うならやり方を根本的に変えることも重要です。

④独学にこだわる

塾や予備校に依存するのとは逆で、独学に謎のこだわりがある人というのも危険です。

ま、シンプルに自分自身にとって今最も何が最適なのか?という自問自答を怠ってはいけないわけですね。

  • モチベーションが下がってるなら外に出る
  • モチベーションアゲアゲならひたすら勉強する
  • 疲れてるなら寝る

といったように、常に自分にとって良いものを選択するのがダイジ。

で、この『独学に謎にこだわってしまう』というのもある意味、危険です。

ちなみにぼくが自宅浪人したときにこれが発動しまして、、、

  • 塾・予備校はゴミ
  • 参考書こそ至高
  • 独学こそ至高

といった考えを固定してしまったことがありました。

結果的に1年も家でひたすら孤独に勉強はできず死にました。(自宅浪人をすると90%以上の人が最後はニートみたくなりますww)

【自宅浪人の失敗談】メンタルが崩壊した時の話【10月~受験終了】

「塾や予備校は伸びない!非効率だ!独学だ!!」と思って、独学に固執しすぎてしまうと自滅することがありえます。

目的は大学受験で自分の入りたい大学に合格することです。

そのための目的を達成するために、必要であるならば、なんでも使ったほうがいいです。

  • 予備校に週1回だけ気分転換に通う
  • バイトを週に1~2回だけして時間の貴重さを再確認する

など、人それぞれ置かれている状況なんかは違うと思いますが、変なこだわりは捨てて使えるものは使っていったほうがよいですね。

予備校とか塾に依存すると詰みますが、逆に自分自身で思考や考えを固定しすぎても、詰みます。

生きるってのは難しいものです。

  • 偏差値を伸ばす!
  • 学力を上げる!

といった結果を出すために、手段を固定する必要はありません。

勉強が家でどうしてもできないなら、塾や予備校の自習室を使っても良い。

自習室VS家どっちが勉強が捗るのか?家と自習室の使い方

どうしても勉強内容が分からないなら、塾や予備校で教わっても良いわけです。

重要なのは、その行動が自分の目標へとつながっているのか、というところ。

⑤勉強量不足

最後はド定番の勉強時間と勉強量のお話しです。

偏差値伸びないパターンの①~④はどちらかというと、勉強法や方法論(心構えなど)といったお話しでした。

でも最後にものを言うのはやっぱり、『勉強量』なのではないでしょうか。

仮にどれだけ正しい勉強法で無駄なく勉強していたとしても、毎日1時間じゃ大きく学力を伸ばすことは難しいです。

受験勉強に限って言うと、ある程度のところまで勉強効率を上げると、頭打ちになります。

どんだけ神スタイルな勉強法を編み出したとしても、1時間で1000単語を完璧に覚えるとか無理なんで。

ある程度の『自分なりに方法論』を確立してからは、いかにして『毎日勉強時間をこなせるか』という1点の戦いになります。

  • コンスタントに毎日勉強ができない
  • どうしてもやる気が続かない
  • だらけちゃうよぉ。。。

なんて人は、やっぱり伸びにくいのカナァ…と思います。

対策:自分なりに工夫して勉強量を確保する

勉強時間を増やす方法というのは、人それぞれです。

現役生や浪人生といった置かれている立場でも使える時間は違いますし、どうしても日々の気分のムラにも左右されるものなので、一概に言えません。

ただ、1日時間があるなら5~8時間くらいはできないと、やっぱり少ない気がします。

もちろん、5~8時間というのは質が高い5~8時間です。

  • 自分で暗記をする
  • 自分で問題を解く
  • 自分で解説を読む

といった自分主体ベースでの勉強時間になります。

なんとなく塾の自習室に入り浸ってるとか、そういうのじゃなくて、本当に勉強ができている時間を毎日5時間くらいできたら偏差値が伸びないってことはないです。

しつこいですが、自分なりに勉強法をしっかりと整えて、という条件つきです。

勉強量増やすドン!的な記事は、下のカテゴリから読み漁っていただけると捗るかもしれません。

勉強量を増やすための記事一覧へ

勉強をして伸びるパターンもざっくりと

伸びないパターンの逆になっていてわりと重複しますので、ざっくりと書いておきます。

やや抽象的ですけども。

  1. 自分自身で勉強をしようとする
  2. 何が必要かを自分の頭で考えてる
  3. やれることが明確になってしぼれている
  4. 毎日が連続した日々になっている(継続)
  5. やる気を保つ工夫を自分なりにしている
  6. 徹底的に反復しまくってる
  7. 現実を把握したうえで勉強している
  8. 自分にとって不必要な情報を捨てられる
  9. 自分がどんな1日をおくっているのか把握している
  10. 自分の弱点を試行錯誤して改善することができる

自分で考えて、自分で試行錯誤して、自分で勉強するってところなのではないでしょうか。

ぼくも読んでみると思うのが、うん、いやそれが難しいネンwwwってところです。

でも難しいからこそ、自分で考えて改善し続けられる人がきっと結果を出せるのだと思います。

あとは自分で考えてない人で、ゴリゴリ結果を出せる人っていない。これはまじまじでらっくす。

まとめ

長かった・・・。

この記事長かったよー!!!書くのツカレタヨヨー!!!

もっと細かく書けばおそらくこの2倍くらいのボリュームになりそうですが、これくらいにしておきましょう。

まあでも長々と書いてしまいましたが、偏差値が伸びない原因って2つしかありません。

  1. 勉強法ミスってる
  2. 勉強量が足りてない

このどちらかです。

もしくはどっちも、です。

この2つ以外はまじでないので、「成績が上がらない!模試で結果が出ない!」という場合は、しっかり自分を見つめなおして自分で考えて自分にとって必要な勉強をしていきましょう。

自分が多いよぉ。

↓関連記事

トップページに戻るヨン

PR