勉強量

1日10時間の勉強よりも目の前の1時間で学力はクソ伸びる

目の前の1時間に集中する

「1日10時間勉強しないと!!」
「あー!!10時間できないとおれはだめだ!!!!!!」

てきな悩みって、受験生あるあるじゃないでしょうか。

他の記事でも書いてるんですけど、10時間1セットじゃなくて、1時間を10回こなすって考えるほうが精神的に安定するぞー!ってことをこの記事ではお伝えしたいと思います。

ゆうと
ゆうと
10時間やらないとクソ!って思っちゃうと逆に萎えますわなー

自分に過剰に期待しすぎて意識を高くしすぎると逆に失速するアレですね。

「勉強を10時間やらないとだめ」は単純にきつい

10時間はいらん

「10時間やらないとダメ!!」って決めると精神的にきついんですよね。

ぼく自信も受験生の頃にこの10時間病にかかってましたが、今思うと「とりあえず5分やればいーんでね?」とすごく思います。

確かに現実的な問題として、1日10時間くらいの勉強量が必要かもしれません。

必要かもしれないけれど、もっと現実的な問題として、「1日10時間!!」っていう縛りを自分に課すことになんの意味があるんじゃい?という話だったりします。

まあこれが分かっていても難しいんですが、自分をガッチガチに縛りすぎると、よほどなマゾヒストじゃない限りは逆に失速しちゃうことが多々あります。

【やめよう】完璧主義をやめれば勉強時間と勉強量が増やせるゾって話

1日に変化を求めすぎるのは微妙

  • 寝ずに!
  • 徹夜で!
  • 頑張る!

とか、

  • 1日
  • 15時間
  • 明日から
  • 本気だす!!

とか、ここらへんのやつはちょっと微妙ですよねー。

もちろんある程度、1日に詰め込むのはダイジではあるんですが、それが逆に自分を追い込んでしまったりしていると、逆効果だゾっていう感じです。

「短期的にやりまくって燃え尽きる」のではなくて「トータルで勉強量が最大化される」ように、戦略的に勉強をするほうが重要ですね。

ここらへんの「勉強量を最大化しようぜ!」てきなお話は、下の記事でアツく語っております。

あわせて読みたい
大学受験の攻略法
大学受験で結果を出すなら方向性×勉強量の2つを意識しよう個人的に大学受験で1番ダイジダナーと思っていることをご紹介。 大学受験の勉強って やる参考書 こまごまとしたテ...

とりあえず1時間勉強すればOK

楽して伸ばす

山のてっぺんをいきなり見るんじゃなくて、目の前の道を見ましょうてきなことを超強く伝えたいです。

目では空を見れても、足は地面にひっついてますし。

  • ×「今日は10時間!!!」
  • ○「とりあえず1時間から~」

今に集中することで、結果的に勉強量を増やすことができるはずです。

1時間を1つ1つこなしていくことで、10時間にいけばOK
1日8時間だってOK
調子が悪いなら5時間だってOK

目の前のことを淡々と少しずつやって、最終的に大きくできればいーやんけと思えるほうがよいよ~。

しつこいかもですが、過剰に意識を高くすると本当に人生に疲れます。

で、逆に効率が落ちたり勉強量がこなせなかったり。

まとめ:学力を超伸ばしたいなら少しずつやる

逆説的ですが、学力を短期間でめっちゃくちゃ伸ばしたいなら、少しずつやりましょう。

  • 目の前の1時間をやる。
  • 次の1時間やる。
  • また次の1時間やる。

って感じで、1歩1歩進むのが結局最短ルートなわけですねー。

1時間がきついなら15分でもいいです。

とにかく小さく小さく、少しずつ積み重ねていくのが大きな結果につながります。

ちょっとずつやると逆に勉強量が増やせて、学力が伸ばせるぞ!!!っていう当たり前のことを伝えたい記事でしたたたたたたた。

やばいです。

ぼくもこの記事を読んでハッ!!となって、今激しくあらぶってます。
now

ブルンブルンッッ

KIMEE

俺氏が偏差値48⇒70にするまでにやったこととか

↓読むと1.5倍くらい勉強の効率が上がるかも

勉強量の記事一覧へ

PR