英文法

【独学でOK!!】大学受験の英文法の勉強法を偏差値別に解説!

英文法の攻略法

英文法の勉強をクッソ分かりやすく頑張って解説しました。

この記事を読めば、偏差値30からでも独学で英文法を勉強していく手順と方法が分かるはずです!

ゆうと
ゆうと
君は文法マッチョに、なれる

英文法の勉強法の手順3STEP

input&output

英文法の勉強は、偏差値30~最後まで、以下の3STEPをひたすら繰り返す感じでOKです。

早慶レベルの英文法くらいならいけますよー!(それ以上は大学受験だと不要w)

  1. 英文法の内容をインプット(習う)
  2. 英文法の問題演習をする(解いて解説を読む)
  3. インプット→アウトプットのループ
ゆうと
ゆうと
インプット→アウトプットを繰り返すのが英文法では大事ッスネー!

【STEP1】英文法の内容をインプット

英文法は英単語やら英熟語とは違って、まずはインプットが大事です。

具体的にどういうのがインプットなのかというと、

  • 英文法の単元ごとの用法を知る
  • 英文法の解き方や考え方を習う

といったところになります!

例えば、不定詞だったら「3用法あって~形容詞用法は修飾する名詞が抽象名詞で~」みたいなやつですね。

英文法を解く前の段階で必要な知識をインプットすることで、根拠を持って英文法の問題が解いていけるようになりますよ!

ゆうと
ゆうと
インプットを飛ばして問題ばっか解いても伸びないゾー!

インプット用の参考書に関しては、『【大学受験】英文法の勉強で超おすすめの参考書と問題集まとめてみた』の記事を参考にしてください!

ちなみに、塾や予備校、学校の授業でも全単元をしっかりと習って理解していけるなら、授業でOKOK!

基本的に英文法のインプットは授業がおすすめですね!

ゆうと
ゆうと
人が解いてるプロセスを真似るのが1番理解しやすいゾー
あわせて読みたい
おすすめ英文法の問題集と参考書
【大学受験】英文法の勉強で超おすすめの参考書と問題集まとめてみた大学受験でおすすめの参考書を紹介してる記事です。大学受験の英文法は基本的に2冊でOKなので、あんま紹介してません。2冊で0から早慶レベルまで大丈夫。...

英文法のインプットは何度も反復できるものがベスト!!

何度も反復していける英文法のインプット方法って実はほぼ1つしかなくて、『映像授業』です。

とかで英文法のインプット学習をすると、プロから習えて、しかも何度でも見返していけるので勉強効率は良いですよー!

集団授業や個別授業やら、学校の授業がダメなわけではないんですが、やっぱり1回しか聞けないですし、個人的にはあんまりおすすめしない!!

  • 何度も見れて分かりやすい!
  • 見れば分かる!理解できる!

といったものを活用するのがベストですね!

ゆうと
ゆうと
英文法のインプットはスタディサプリ使えばOKOK!

スタディサプリ公式サイト

【STEP2】英文法の問題演習

「英文法のインプットが少しずつできてきた!」と思えたら、単元ごとにで良いので、問題演習をやっていきましょう。

「不定詞が理解できてきたぞー!」ってなったら、実際に解いて自分が学んだ知識を問題演習で定着させていく感じ!

ゆうと
ゆうと
英文法の勉強のメインは問題演習!

英文法の問題演習に関しては、市販の参考書が1番おすすめですね!

  • スクランブル英文法
  • ネクステ
  • ビンテージ
  • 頻出英文法語法1000

といった、問題数が多い文法問題集で実際に解いて確認していけば、実力がついてきます。

この手のアウトプット用の問題集はそこまで解説が丁寧ではないので、インプットした後に勉強することで効率が最大化します!

英文法のアウトプット用の問題集は『英文法の勉強で超おすすめの参考書と問題集まとめてみた』を参考に選んでくだされ~。

ゆうと
ゆうと
ぶっちゃけどれもほぼ同じっちゃ同じだけど・・・w

「解説読む!解く!」を反復しよう

英文法の問題演習で重要なのが、「解説を読んで理解して定着するまで解く!」というプロセスです。

ここをサボってしまうと、ガチで伸びませんので、注意で!

特に受験生にありがちな失敗傾向としては、解ける問題ばっか解いてることかな~と思います。

ゆうと
ゆうと
できない問題をできるようにしたときに学力は伸びるゾー↑↑↑

ぼくも現役生の頃に受験で失敗したときによくやっちゃったのが、できるとこばっかやっちゃうっていうやつです(笑)

  • 参考書Aのできるとこばっかやる
  • 参考書Bもできるとこばっかやる
  • 参考書Cもできるとこばっかやる

結局、できるとこしかやってねーから伸びねー!!みたいな(笑)

できる問題がいっぱいあるのは一見喜ばしく感じますが、学力の伸びしろはできないとこだったりしますねw

ゆうと
ゆうと
英文法の問題集は1冊にして、できないとこを徹底的につぶしていくのが大事っすね!

解説見まくってOK!答え見まくってOK!

英文法の勉強で重要なのは、できない問題を理解してできるようにすることやでぇ!と書きました。

そのためには、解説読みまくっていいですし、答えも見まくって良いです。

ぶっちゃけ何周もしてりゃ問題の答えなんて嫌でも覚えちゃいますし、重要なのは答えが合ってるってところじゃなかったりする!

ゆうと
ゆうと
なんでその答えなのか!ってとこですね!

根拠を知るためには解説を読むことは必須なので、ジャンジャン読んじゃいましょう。

解説読んでも無理な場合は、インプット用に戻って復習すればオッケーです。

選択肢問題はなぜ他の選択肢がダメなのかを理由づけしよう

かんたんな例で!

さあ、A~Cどれ!

I was ( ) there.

  • A stand
  • B stood
  • C standing

答えは普通にCのstandingですが、じゃあなんで他のAとBはだめなのー?ってのが、理由付けです。

  • A→いや、be動詞のあとに動詞の原形こねーYO!
  • B→受け身になっちゃうYO!standは自動詞だYO!

みたいな、こうやって英文法の勉強では理由付けをしていくと、少ない問題数で最大の学習効果が得られます。

ゆうと
ゆうと
よくいう、本質を理解すれば応用が効くてきなやつっすね!

とは言ってもちょっと厳しいですが、英文法の問題演習だと、理由付けができないで勘で解いてると本当に勉強になってません(笑)

もちろん、慣用表現とかの英文法問題だったら、暗記ゲーでノリが必要なんですが、理屈がある場合はそこをガッチリ抑える必要があるってことですねー!

ゆうと
ゆうと
英文法の理屈が抑えらないと英文解釈ができなくて、さらには長文もできないという地獄絵図!

根拠を持って解いていくのが大事ですよー!

意識的に根拠を見つけていきましょう!

【STEP3】インプット→演習をひたすらループ

「反復しましょう」って一言に片付きます。

インプット用の授業なんかも何度も期間をあけて見るたびに、「ぐぬぬ、そうかっっ!!」といったように新しい発見があるはずです。

アウトプット用の問題集を解く場合も、期間をあけて解きなおすたびに「あれ?ここってなんだっけ、、、ウッハー!!!」みたいになります(笑)

ゆうと
ゆうと
英文法に限らず、期間をあけて反復は大事っすよー!

どれくらい英文法の問題を反復すればいいのか問題

「おまえら馬鹿の一つ覚えのごとく反復反復言いやがって・・・」と思うかもしれませんので、目安を書いておくと・・・!

そんなのは知らねえ!!!

申し訳ないんですけど、反復回数に関して正解はないでござる。

僕も受験生の頃に「何回やるのがベストなんだ?多すぎても無駄な気がするしなー」とか、細かいことを気にしてたんですが、うん、ない。

ゆうと
ゆうと
目安としては飽きてくるレベルまでかなー。。。
  • 英文法
  • 英単語
  • 英熟語

の3つらへんは大学受験の英語で核となるところではあるので、個人的にはチョイとやりすぎなんじゃね?ってくらいのが良いと思います。

実際、ぼくは英語の偏差値が64くらいで終わったんですが、当時は「ハッwww文法もw単語もww余裕ッッwwwwやでええww」と思ってました。

けど、意外とできてると思い込んでいたかっただけで、今思うとあんまできていませんでした。(アフォだったのかなぁ・・・?)

  • 1~4日目:不定詞
  • 5~8日目:動名詞
  • 9~12日目:分詞

みたいな感じで、ある程度の期間をあけつつ、反復できるスタイルで勉強すればいーんじゃねーかと思います。

最初のうちは4日とかじゃたぶん1単元終わりませんが、学力がついてくると、1日(1時間とか)で3単元とか余裕で終わりますよ!

ゆうと
ゆうと
あとはどうせ完璧にはならんので、8割くらいできればオッケーイ!!くらいのスタンスでグルグルしてりゃ8割超えてくるんじゃねーかと思いますね!

1回で完璧を目指すのではなくて、何周もして完璧に近づいていくイメージで!

【偏差値30~50】英文法の基礎固めの勉強法

ここからは「こうしてこうしてーあーしてー英文法を勉強しよう!」っていう手順?ルート?みたいなものを解説していきますね。

この方法でやれば、おそらく偏差値30レベルの人でも英文法は得意にできるはずです。

ゆうと
ゆうと
やってよかった!!ゆうと式ッス

【1】スタディサプリで英文法の基礎固め

まずはスタディサプリで全単元の英文法のインプットをしていきましょう。

スタディサプリで英文法を勉強するメリットとしては、

  1. 授業全部見れて何度でも見れるから理解できる
  2. 理解しやすい
  3. 理解できる

といったように、理解できるがハモりまくってますが、要は理解しやすくから使うと良いですね。

あとは料金も安いんでOKOK

講座は人によりますが、ベーシックやらスタンダードやら、自分にあうレベルのやつを選んで英文法をインプットしていきましょう。

ゆうと
ゆうと
スタディサプリはインプットに使う感じだから、あんまりこう、、、こだわりすぎなくてOK!!

メインディッシュてきなのは、市販の英文法の参考書なので、そこが理解できるようになるまでのつなぎっすね。

講座のレベルがいろいろあるんで「アタチ、迷っちゃう。」という人もいると思われますが、ぶっちゃけどれもそこまで変わらんので、OKOK!

ただ、決めたらガッツリやりこみましょう。
できるっぽいふり、ヤメテ!ヤメテ!

授業を見たらテキストで文法問題を解こう

「この単元理解出来た気がする!」と思ったら、さっそく演習です。

何度も書いてるように、英文法の勉強はアウトプットが超大事なので、とにかく解く!

無理ならもっかい授業見る!

ゆうと
ゆうと
最初から解けなくてOKOK!完璧じゃなくていいから解く!

【2】少しずつ市販の問題集で演習

「単元ごとにまあまあできてきた気がするぜー!!」と思えたら、さっそく市販の問題集でも演習しましょう。

ネクステでも、ビンテージでも、桐原1000でも、1冊でOK!

市販の文法問題集はなんだかんだで、それなりにレベルが良い感じなので、実際に使える知識になってるかの確認にはもってこいです。

ゆうと
ゆうと
文法の問題集が解けりゃー良い感じになってるぞー!

問題集で理解できない場合は、またスタディサプリの授業に戻って修行でOKOK!

大体この【1】【2】をグルングルンしてれば、偏差値50くらいの英文法力はついてきます。

偏差値50以上&全単元終了からの英文法の勉強法

  • 英文法が全単元それなりに終わった!
  • 英文法がキテます!!!

というフェーズになったら、もうそっからの英文法の勉強は演習しまくって解説読みまくって、演習しまくるパラダイスです。

ゆうと
ゆうと
慣れてくると1日100問くらいは文法の問題集で確認作業できますヨー!

偏差値50以上で全単元英文法を習い終えたフェーズからは、特にぼくから言えることとしては、気合でがんばってね~くらいです(笑)

ただまあ、偏差値60いくまでは意外と英文法の知識にもれがあったりするんで、そこはその都度インプットしなおす感じでやっていきましょう。

  • できない問題
  • できない単元

といったところらへんは、伸びしろです。

あとは英文法の参考書の浮気をしないことですね。

英文法の問題演習ってのはとにかく地味で退屈で「もっといい方法あるんじゃね?もっといい参考書あるんじゃね?」とか隣の芝が青く見えまくりますが、そんなのはないです。

ゆうと
ゆうと
もちろん理解できてないなら戻ってやりなおすのが大事よっ!

退屈さから新しい英文法の参考書とか追加するとまじで時間的に詰みますのでご注意を!

よくある例:ごちゃまぜの文法書もやらないとねっ!!←イラナイ

英文法の演習に飽きてきたらおすすめな手法

英文法のアウトプット用の問題集ってほんとに飽きます。くそつまらないです。

この「飽きてくる」という現象は学力を伸ばすうえですごく重要ですが、やっぱ飽きるのってつらいわけですよね。

そこでおすすめなのが、「変化をつけつつ同じことをする」です。

  • 今日は音読して文法問題を解いてみよう
  • 今日は理由を壁に説明しながら解いてみよう
  • 今日は紙に書いて解いてみよう
  • 今日は立って文法問題をやろう
  • 今日は時間制限をつけてみよう
  • 今日はオカンに分詞構文をカッコよく説明してみよう

といったように、同じことではあるんだけど、やり方に変化をつけることでマンネリ解消になるかも、、、しれません。

ゆうと
ゆうと
小手先感がすごいですが、継続するためには小手先も使っていこう!

英文法のインプット&アウトプットを愚直にやりこんでいこう

最後は「気合」という2文字をお伝えしたいと思います。

正直、最後に重要なのはまじで「気合」以外の何ものでもないと思われます。

勉強法とか参考書とかって、「絶対にこれじゃないとだめ!」という絶対的な正解はありません。

ある程度道筋を知るために、方法論も必要っちゃ必要なんですけど、もう最後は

  • どれだけやれるか
  • どれだけ定着させるか

といったところにまとまります。

ゆうと
ゆうと
地味だけどこれで絶対に結果が出る!!と信じられるなら、ひたすらやるだけですよー!

英文法の勉強法まとめ

この記事と『【大学受験】英文法の勉強で超おすすめの参考書と問題集まとめてみた』←これを読めば、大学受験の英文法の勉強のやり方は分かると思います。

強いて言うなら、もし、もし、入門レベルの英文法がスタディサプリの授業で理解できない場合だけ、塾や予備校やらやらで質問する~などの手段を使えばいいのではないかなーと。

基本的には、「ヤッテヨカッタァ!ユウト式」で偏差値30でも英文法を独学で勉強していけると思われます!

ゆうと
ゆうと
あとはやっぱ1回と言わず、何回もやって愚直に理解していく精神面かなぁ・・・。メンタール!

たぶん英文法を勉強する時に1番苦戦するのって、インプットした知識を問題演習で運用するところらへんかなーと。

ただ、インプット→アウトプットに関してはスタディサプリの先生の解き方やら考え方を真似てれば、気付いたら文法マッチョになってるはずです。
※スタディサプリを使わない場合は、塾や予備校の先生を真似よう!

ってわけでズラズラ書きましたが、英文法の勉強法は以上です。

英文法ができるようになると、英文解釈もできるようになって、長文もできるようになってくるんで、英文法はチョイ無理してでも早い時期に固めていきましょう!

ゆうと
ゆうと
キミが文法マッチョになるのを待ってるゾ(モリモリ)

英文法の参考書は↓の記事を参考に!

【大学受験】英文法の勉強で超おすすめの参考書と問題集まとめてみた

↓読むと1.5倍くらい勉強の効率が上がるかも