英文法

英文法をノートにまとめる勉強法は無駄!覚えることに集中しよう!!

英文法のノートまとめは無駄なことが多い

「英文法を得意にしたいなぁ~」
「よぉし、ノートにまとめてしまぉぅ!」

といった行動は、「効率悪いかもですよー、学力になりませんよ~」という現実をお伝えする記事でございます。

タイトルで全て語られてしまってるんですが、『英文法をノートにまとめるのは無駄!理解して覚えることに集中しよう!』ということだけを伝えたい記事です。

英文法の勉強のゴール:自分で英文法を使っていけること

ゴールに到達する方法:基礎をインプットして演習をすること

英文法に限らずなのですが、まとめ作業では学力はひじょうに伸びにくいので、実力をつけるために効率良く勉強していくのがダイジでございます!

ゆうと
ゆうと
ノートにまとめると、ほぼ、まとめてオワリマス。
覚える、理解する、という本質的な部分に集中するほうが伸びますよぉ~

ノートに英文法をまとめるのは非効率

ノートまとめはただの作業で勉強ではない

勉強で実力をつけるには、『理解して覚えて、それをアウトプットできる状態にすること』だと思われます。

ノートにまとめるのは、確かに目に見えてノートに文字やら図が描かれて、なんだか進んだような気になりますが、勉強にはなっていないことが多いです。

学校で黒板に書いてあることをノートに必死に写しても、それらすべてが理解できていて覚えられてるわけじゃない、ってのと同じですね~。

覚えることや理解することに、時間や労力を使ってあげたほうが伸びます!

ノートまとめはまとめるだけで満足してしまいがち

これはあくまでぼくが受験生だった頃と、塾で受験生を多く見てきて思う傾向です。

ノートにまとめると、謎の達成感(仕事完了!)みたいな状態になりがちだと思いました。

実際、ぼくも受験生の頃に、何度まとめをしたか分からないほどに、

  • まとめて
  • 放置して
  • まとめて
  • 放置して

といった作業を繰り返しました。

本当に無駄だったな~と思いますが、たぶん、こう、目に見える達成感がほしかったのかなと推測してみます。

そしてその達成感は学力にはならないという、悲しみです。

  • 英単語を覚える
  • 熟語を覚える

とかの勉強って目に見えて完了した感がなくて継続が大変ではありますが、実力をつけることに集中するほうがよいですね~。

あとは、覚える事柄がまとまってる参考書を1500円程度で1冊購入するほうがコスパもよいです。

メモっておきたいことはよく使う参考書に!

ここまで「ノートまとめは無駄よ!」と連呼しまくってきたわけですが、どうしてもメモっておきたいことってあると思います。

例えば、普段の参考書以外で勉強する機会があったりしたときなど。

そういった、ちょいっと覚えておきたいものは、

  • よく使う参考書
  • よく使う単語帳

あたりにメモっておくのがおすすめです。

理由としては、メモってもそれを覚えないならそもそもメモる意味がないからです。

大学受験の勉強で効率を上げる鉄則としては、「やったことができる限りほぼすべて覚えられてる」ということだと思われます。

やっても覚えてないなら、そもそもやった意味が・・・。

ゆうと
ゆうと
単語帳とかにメモって反復して、実力にしていきましょ~

アウトプット重視の勉強が伸びる

作業重視ではなくて、アウトプット重視の勉強にすると学力は効率よく伸びます。

英文法も例外ではなくて、アウトプットを重視するのが大事です。

「今日は何を覚えたのか?」
「何を勉強して何ができるようになったのか?」

と常に自問自答すれば、ノートまとめのような『やってるふう』な勉強を脱せますね~。

『やってるふう』から『本当にやっている』状態になってくると、学力も勉強時間に比例してゴリゴリついてきます。

では、英文法のアウトプット学習って具体的になんなの?ということについてです。

①人に説明できるように勉強すると効率あがる

受験業界でもよく「人に説明できるように勉強すると定着しやすい」と言われております。

例えば、英文法の分詞構文なら、

  • 分詞構文の和訳の判断方法
  • 分詞構文の意味上の主語について

などの内容を人に説明できるように勉強すれば、ひじょうに効率がよいですね~。

分からないことを人に説明することはできないので、説明しようと勉強することで、分かってるふうを脱することができます。

ぼくも、家でブツブツ壁に説明しながら勉強しておりました。

②問題を解くことをベースで勉強すると効率あがる

『問題を解くことをベースに勉強する』というのも、アウトプット重視の勉強になります。

問題を解くためには、なんとな~くの知識だと解いていけませんので、しっかりとしたインプットが必要だからです。

英文法の勉強法
【独学でOK】大学受験の英文法の勉強法【伸びるしかない】「大学受験の英文法ってどう勉強すればよいの?」 「英文法苦手なんだよなぁ~」 といった疑問やお悩みにお答えする記事でございます。...

↑の記事でも書いているのですが、問題を解くために、理屈からインプットして勉強していけると、英文法は得意になります。

まとめ

  1. ノートまとめは作業
  2. ノートまとめではなくて、覚えること・理解することに集中すればのびる

といった2行をお伝えしたい記事でした!

勉強は実は取り掛かる前に結果が決まっていたりします。

伸びる方法で勉強していきましょ〜う!

英文法の勉強法
【独学でOK】大学受験の英文法の勉強法【伸びるしかない】「大学受験の英文法ってどう勉強すればよいの?」 「英文法苦手なんだよなぁ~」 といった疑問やお悩みにお答えする記事でございます。...

トップページに戻る

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です