スタディサプリ

スタディサプリと東進はどっちがいい?現役早大生が比較してみた

スタディサプリと東進ってどっちも映像授業です。

実際にどっちが良いのか?というのは迷ってしまいますよね。

塾やら予備校を選ぶのはほんとに悩める!

分かります、その気持ち。

結論から書くと、どっちも良し悪しがありますし、合う合わないというのがあります。

この記事では、料金やサポート体制、授業の質などといったところから比較してからのー、こうすればいいてきなお告げを最後にしたいと思いますw

スタディサプリと東進を比較

まずは一般的な比較をしていきたいと思います。

値段だの、サポート体制だの、あーだこーだ。

料金面の違い

シンプルです。

①スタディサプリ

月額1000円程度+テキスト代(印刷すれば無料)

月1000円でOK

②東進

1講座7万円前後

+チューター担当料金、テキスト代、講習やらやらでさらにかかる

月~万円以上

スタディサプリの料金は非常にシンプルで、月1000円+テキストが買いたいならテキスト代です。

1年間で多く見積もっても、

1000円×12=12000円

テキスト10冊買って22000円

合計で34000円くらい?かもしれません。

一方で東進は月額いくら~ではなくて、受講する講座のコマ数によって全く違います。

ちなみになんですが、東進は担任の大学生やらもつきまして、、、講習期間とかは思いっきりセールスされる校舎が多いですw(ていうかされる)

ぼくの友人が東進でバイトしてましたが、うん、なんていうかすごかった。

直前期の~大学対策講座とかで親に電話してセールスしたりで、100万とか取れることも多いみたいです。

受験生の不安に付け込む

  • 「授業取らないで自分でできると思ってるの?」
  • 「プロの解説受けたほうが効率良いよね?」
  • 「過去問1人でできるの?」

てきな必殺マーケティング手法はすげえと素直に関心しました。

あ、ちなみにディスってるように聞こえますが、授業の内容は間違いなく一流と友人も言っていました。

「活用できるなら活用したほうがいいけれど、授業を取ってる人のほうが落ちてる傾向にある」

「ちなみにおれが東進に通ってた時は、あんま取らなかった」

という超皮肉なことを言ってましたね・・・w

料金かんたん比較
  • スタディサプリ安い
  • 東進高い

サポート体制

スタディサプリは誰も管理してくれません。

一応スタディサプリには、『合格特訓プラン』というものがあるみたいですが、期間限定の募集のようです。

個人的に思うのは、どのみち大学受験って自分でやるものなので、何かにすがってしまった時点がやべえんじゃ・・・と思います。

上手に活用できるならいいんでしょうけど、逆に難しいという。

一方で東進はサポート体制はバッチリですね。

公舎に通えばチューターの大学生が笑顔で迎えてくれますし、面談やら不明点の質問やら、相談ができます。

ぼくが東進の校舎に模試を受けにいったときに、基礎講座完了した人リストみたいなのが張り出されてましたね。

校舎内で切磋琢磨できたりします。

ただ、同時に東進を信じれば信じるほどお金は支払うことになります。

「あの講座もいいよ!この講座もいいよ!」てきなやつですね。

付き合い方が難しい。

サポート体制
  • スタディサプリ→なし
  • 東進→手厚いサポート

映像授業の質

授業の質は基礎レベル~大学受験標準レベルまではどっちも変わりません。

どっちの講師も一流ですし、両方とも質が超高いです。

ただ、東進のほうが網羅性はありますね。

志望校対策講座なんかは、東進が圧勝します。

でもぼくが思うのはそもそも全部の講座取れるわけじゃないし、授業は基礎レベルの時に使うくらいなのであんまいらんのでは?と思ったり。

スタディサプリなら月1000円さえ払ってれば全部見れますが、東進は講座を増やすたびにお金がかかります。

授業の質を比較
  • スタディサプリ→良い
  • 東進→網羅性もあって良いが高い

受験勉強での便利さ

東進のほうがサポート体制もしっかりしてる!ということを書きました。

  • 自習室が使える
  • チューターに相談できる
  • 不明点を質問できる

といったところでは、東進はかなり受験勉強で便利です。

ただ1つ問題があって、受講してる講座しか東進は授業を見れません。

例えば、英文法をの基礎っぽいものを授業していたとして、次は英文解釈だ!!となっても、新たにお金が必要です。

何度も言うように、お金が高い。

一方でスタディサプリは、誰からもサポートはしてもらえませんが、授業は見放題です。

全科目、基礎~応用まで、全部月1000円で見放題。

ほんとに家庭環境やら勉強する本人次第でどちらが良いかは分かれますね。

利便性の比較
  • スタディサプリ→授業は見放題
  • 東進→自習室やらが使える

どちらが良いかは人による

さて、上に書いたのはわりと一般的な比較です。

スタディサプリと東進どっちがいいんだよ?

  • 「料金はこうです!」
  • 「サポートはこうです!」

だと、普通によくわからんと思われます。

こっからはぼくの完全なる主観でいきますね。

まずスタディサプリと東進なんですが、ぼくはスタディサプリをおすすめします。

なんでかっていうと、単純に料金的な問題もそうですが、大学受験は結局自分次第です。

どんだけ手厚いサポートがあっても本人がやらないと、学力は伸ばせません。

実際、ぼくが高3の頃は塾に通って講座をいっぱい取って~正月特訓(10万)も取って~塾に行ってなんとなく勉強してました。

ぶっちゃけ孤独感はなかったですし、友達もいて楽しかったです。

自習室に通ってさえいれば、受験生っぽい感じにはなりました。

けど、結局、塾からのサポートがあればあるほど盲信して自分が努力するという方向ではなくて、何かにすがってしまう方向にいっちゃいがちなんですよね。

「あの講座を取れば学力が伸びるんじゃ!?」
「早慶対策講座を取れば何か変わるんじゃ!?」

変わりません

受験勉強はクソ地味なことを淡々とやる積み重ねです。

そして学力ってのは誰かが上げてくれるもんじゃなくて、自分自身で上げるものなんですよ。

だったら自分でスタディサプリで勉強のやり方を学んで、参考書で演習していけばいいんじゃねーですか?

というのが、ぼくの主観でしたw

まあちょっとぼくが書くことは厳しめですけど、同時に現実です。

普通の受験生におすすめするのは、スタディサプリの授業を補助的に使いつつ、どっかの塾やら予備校に身を置くといいのかな?と思ってます。

スタディサプリは授業が全部見れて普通に神サービスです。月額も安いし。

ただ、同時に本当に自分次第でやらないといけないので、よほど強い意志がないと継続すらできないかもしれません。

死ぬほど~大学に入りたい!!!それ以外はいらん!!!!という人は、スタディサプリと参考書をひたすらやればいいと思います。

一方で「~大学入りたいなぁ~入れたらいいな~」という人は、塾やら予備校で1コマとかを取りつつ、サポートしてもらいつつ、補助でスタディサプリを使うのがおすすめです。

どの塾や予備校に行っても、すべての授業を受講するのは金銭的にも時間的にも現実的ではありません。

でもスタディサプリを使えば、受講できない科目や単元も授業で学べるので、補助的に使えますね。

まとめ

スタディサプリと東進のどちらも良し悪しがある!

というの記事になりました。

どちらも一概に絶対にこっちがいい!というのはありませんので、自分にあったほう、自分にあったやり方を選ぶのが良いですね。

スタディサプリの授業に関しては月1000円で見放題なので、どのスタイルで勉強するとしても、メインでも補助でも使えます。

料金も安くて授業の質も高いので、一度使ってみると良いかもしれませんね!

スタディサプリ公式サイトへ

関連記事