英文法

英文法をノートにまとめる勉強法は無駄!覚えることに集中しよう!!

ノートまとめは無駄

タイトルで全て語られてしまってるんですが、『英文法をノートにまとめるのは無駄!』ということだけを伝えたい記事になります(笑)

ぼくが受験生の頃、勉強初心者だった頃によくやってしまった無駄なこととして、「まとめ作業」が第一に挙げられるんですよね。

まとめ作業はハッキリ言わなくても、無駄です。

ゆうと
ゆうと
勉強密度を上げるには覚えるほうに集中したほうがいいっすね!

ただぼくら人間ってのはアホな生き物で、冷静に考えて「無駄じゃね?」と分かっていてもなぜか無駄なことをしたがります。

単純な心理としては

  • 楽して伸ばしたい
  • 楽して結果を出したい
  • 楽して満足感を得たい
  • 楽して何か目に見えるものがほしい

という無意識的レベルでの欲求だと思われます。

でまあ、やっぱ無駄なんですよね。

勉強に関してはまとめ作業超無駄です。

というわけでこの記事では、「まとめる時間があるなら1個でも覚えたほうがいい!!!」ってことをひたすら伝えたいと思います。

ゆうと
ゆうと
君をまとめ作業から解き放つ!!!!てきな

ノートに英文法をまとめるのは非効率の極み

英文法まとめるのって単純に効率悪いよね!

ノートまとめはただの作業で勉強ではない

勉強とは~?ってとこからのお話しなんですが、勉強って、「理解して覚えてそれがアウトプットできる状態」にできることを勉強と言います。

ノートにまとめるのは、確かに目に見えてノートに文字やら図が描かれて、なんだか進んだような気になりますが、勉強にはなってませんよね。

学校で黒板を板書してもそれらすべてが理解できていて覚えられてるわけじゃない、ってのと同じです。

ゆうと
ゆうと
まとめても覚えられないなら意味ないっすね!

ノートまとめはまとめるだけで満足してしまいがち

特に何かの根拠があるわけではないんですが、ぼくが受験生の頃や多くの受験生の傾向としては、ノートはまとめてほぼ満足しちゃいます。

要は、勉強のキモとなる「覚える!!」というところまでいかないで終わっちゃうわけですね。

ノートにまとめてから徹底的に反復する人ってほぼいないと思います。

ていうかそもそも普通に考えれば分かるんですが、ノートにまとめないで、既にまとまってる参考書買えばイインジャネ論がありますね。

ゆうと
ゆうと
まとめた達成感はまじで学力にならんですw

ノートにまとめても覚えられるわけではない

上の2つと若干かぶるんですけど、ノートにまとめたところでそれが脳みそに定着するわけじゃないんですよね。

ノートにまとめるだけで覚えられるなら、まとめまくればいいんですけど、まとめるのは作業でして、、、覚えるのとはまた別な作業なわけですねー。

まとめてる時間がもったいねーです。

ノートにまとめてるなら、英文法の解き方や考え方を少しでもインプットして、演習したほうがいい!

ゆうと
ゆうと
動名詞ってなんだっけなーとか考えてるほうが勉強になりますw

メモっておきたいことはよく使う参考書に!

ここまで「ノートまとめは無駄よ!」と連呼しまくってきたわけですが、どうしてもメモっておきたいことってあると思います。

例えば、普段の参考書以外で勉強する機会があったりしたときに、覚えておきたいことみたいなやつです。

そういうちょいっと覚えておきたいものは、

  • よく使う参考書
  • よく使う単語帳

あたりにメモっておくのがおすすめです。

理由としては、メモってもそれを覚えないならそもそもメモる意味がないからですね。

大学受験の勉強で効率を上げる鉄則としては、「やったことがほぼすべて覚えられてる」ということだと思われます。

やっても覚えてないなら、そもそもやった意味が・・・。

ゆうと
ゆうと
単語帳とかにメモればオッケーイ!

とは言いつつも、ぼくもメモって放置プレイしまくったものは数知れず・・・(笑)。

アウトプット重視の勉強が伸びる

作業重視ではなくて、アウトプット重視の勉強にすると学力は効率よく伸びます。

英文法も例外ではなくて、アウトプットを重視するのが大事です。

「今日は何を覚えたのか?」
「何を勉強して何ができるようになったのか?」

と常に自問自答すれば、ノートまとめのような『やってるふう』な勉強を脱せますね!

ゆうと
ゆうと
問題を解くとか音読とかが、アウトプット重視の勉強ッスネ!

あと少しだけ余談?ですが、勉強が終わった後や休憩中に「やった勉強の内容を思い出す」ということをすると、記憶の定着率がかなり上がるという研究結果があります。

これに関しては、まあ普通に考えれば分かりますね(笑)

意識して思い出す練習をしてみるといいと思いますよ!

人に説明できるように勉強すると効率UP

受験業界でもよく言われてることに「人に説明できるようにすると定着しやすい」ってのがあげられます。

あとこれ、「どうやって説明しよう?」と意識しつつ勉強すると理解度なんかが上がるっていう科学的な根拠もあるみたいです。

一応英文法の勉強法に関する記事なんで、英文法に関しても言及しておくと、英文法はまじで人に説明する意識大事です。

英文法の勉強ってほとんどの人が

  • ネクステ
  • 頻出英文法語法1000

とかで勉強すると思われるんですが、あの手のやつって選択式なんですよね。

だからノリでやってる風になると、普通にやってるふうな勉強になってしまいがちです。

よくあるのは番号だけ覚えてるてきな、、、意味がないw

この「なんとなくの勉強」も「人に説明する意識」もしくは「実際に誰もいないけど人に説明しながら勉強する」ということをすれば、定着率が上がりますね!

ゆうと
ゆうと
一人でブツブツ説明しながらやるといいっすよー

ぼくも受験生の頃に部屋でブツブツ解説してました(笑)

ちなみに今もブツブツ部屋で言ってます。やばいやつです。

問題解くのをベースで勉強すると効率UP

受験勉強の目標は、大学受験の試験で「問題が解けること」です。

つまり解ければいい、逆に言うと解けるようにならないのであれば、それは全て無駄ということになります。

例えば、「7日で攻略!早慶対策講座!(w)」を受けるよりも、少しでも多く受験標準レベルの問題が解けるようになるほうが、勉強密度は濃いです。

つまり何が言いたいかっていうと、アウトプットベースの学習をすると効率良いですよーっていう。

アウトプットベースというのは、つまるところ、問題を解くことですね。

ただここで勘違いしちゃいけないのが、解けるようになることが重要なのであって、解くこと自体はただの確認であるってところ!

ゆうと
ゆうと
要は演習問題を通して、できないことをできるようにするのが1番良いよー!っていう!

すいません、少し書いてることと矛盾するんですが、「問題を解いて確認する」っていうのも記憶定着を高めるには重要らしいです。

  • 問題を解いて確認する(記憶定着UP)
  • 出来ない問題を解けるようにする(実力UP)

ということですね!

何にせよ、問題を解くのは受験勉強でかなり重要です。

あとは、ぼくも偏差値がすごい伸びた時は問題解いて、解けない問題を理解して反復して~ってのをひたすら繰り返してましたね!

逆に失敗した時期は、なんかよくわからんことばっかしてた気がします。。。

まとめ:ノートまとめは無駄!

「ノートになんてまとめてんじゃねえよ!」
「アウトプットベースで密度を高めろよな!!!」

って話でした。

ぼくがこの記事で伝えたいことは、できるだけ無駄な時間を減らして、本当に必要な勉強だけをやっていこう!ということです。

勉強のやり方がイマイチ分からないときって、ついつい無駄なこと(当時は無駄と気付けない)ことをやってしまいがちなんですよねー。

いかに無駄を排除して、本当に大事なことだけをやるかってのがまあムズイわけですが、とりあえず受験勉強においてまとめ系は無駄なのでやめよーう。

ゆうと
ゆうと
結果を出すために必要なことだけをやるのが大事っすね!

【大学受験】英文法の勉強で超おすすめの参考書と問題集まとめてみた