書いてる人

ぼくが自宅浪人をしていたときの1日のスケジュールをひたすら書く

自宅浪人時のスケジュール感

ぼくが自宅浪人をしていたときのざっくりとした1日のスケジュールでも書いていきます。

なんだかんだで自宅浪人をしていても、勉強がめっちゃできた時期とできなかった時期があるんで、参考にしていただければと思います。

ゆうと

良い感じだと思ったらパクってもらえればヨイデスヨー!

ぴぐれっと

逆にダメな部分は反面教師にするぶひ

浪人時の1日の勉強のスケジュール感

ざっくり書くとこんな感じで勉強が上手くいったときはやってました。

1日のスケジュール感7:30起きる&飯食べる

8~12数学をひたすら解く

12-13昼寝したり散歩(ほぼ昼寝)

13-16物理か英語

16-18疲れすぎて人生に絶望

18-20or21英語か物理

21-24てきとーにアニメとか娯楽して寝る

勉強時間はすごい上手くいっていた時でも、ざっくりと、8~10時間くらいだったかなーと思います。

1日中勉強してる感がありますが、なんだかんだで10時間やれるのって稀でした。

平均すると5時間できた・・・のかな・・・。

もうちょい詳しい詳細というか、目安みたいなのが知りたいと思われますので、書いていきますね。

ぼくが意識してやってたことです。

朝起きたらやることリストの作成

朝起きたらまずはやることを決めて紙に書き出してました。

イメージとしてはこんなん↓

浪人スケジュール感

(※なんかヤバイやつなんじゃないか!?と思ったあなた、そう、ヤバイやつだったんです。)

あ、クソどうでもいいですが、自宅浪人したときの3月~受験終わりまで同年代の女の子と一言も会話してなかったです。

ゆうと

今思うとヤバすぎるwwww

ぴぐれっと

だから最後勉強できなくなったぶひ・・・

★ここでポイント★ある程度の息抜き、遊びは勉強効率を上げるはずだ!

遊ぶことはメンタルを安定させるために必要だと思って浪人生はたくさん遊ぼう!

尚、遊びすぎて落ちた場合は知りません。

話を戻しまして、朝にやることリストを作って勉強するのはかなり効果がありました。

具体的に1日のうちに何をやりたいのか、そして自分はどの程度しかできないのかが可視化できるからです。

現実を見据えて勉強できたのが良かったです。

ぼくは高3の現役の頃に現実が見れなかったというのも原因の1つで学力が伸びませんでした。

例えばなんですけど、時間ってのは有限でして、ぼくのスケジュール感だとシス単を1日100個しかやらないから1ヶ月で1.5周くらいしかできないわけです。

なのに、ここにさらに速読英単語も!!!とか追加しちゃうと時間が足りなくて詰みます。

いろいろやることでなんかいろいろできる錯覚に陥りますが、逆に反復回数が不足して記憶で来てなくて詰むわけです。さようなら。

ってわけで、朝起きてスケジュール感を作るのは良かったです。

集中できる時間帯に重要なことをやる

人間の集中力が最も高いのは朝がいい~なんて当時から知っていたんで、朝の8~12時は数学をほぼノンストップでやってました。

ちょこちょこ軽い休憩(5分程度)は入れてましたが、とにかく12時まではひたすら数学をゴッリゴリ計算してましたね。

おかげさまで1番数学が得意になりました。

学力を1番伸ばしたい科目を朝に食い込むのは有効な作戦ですね。

昼寝する

12~13時は絶対に休む!!と決めて、とにかく眠くなくても昼寝してました。

目をつぶって横になるだけでもかなり午後の勉強の捗り具合が違くなりましたね。

ここでネット見たり、エ○動画を見てしまうと、午後の勉強が詰みます。

ちなみに自宅で勉強しているとそういった誘惑があるので、とにかく見ないことが重要です。

★ここでワンポイント★エ○動画orオ○○ーなんですが、これは男子は100%の確率で、女子もそこそこの割合で誘惑に駆られます。安心してください。それは健全なことです。

ぼくが推奨しているのはルーティーンのごとく毎日決まった時間にやることです。

これを習慣化すると外部からの刺激がない限り勉強中には何も思いません。

ちなみにテレビやyoutubeなどは容姿の魅力的な異性が写っているため、勉強中は見ないほうがいいです。

午後~夕方の勉強

基本的に毎日だるかったです。

ただ、精神が健全だった時(浪人初期の頃)は、50分勉強して5分筋トレや休憩というループで乗り切ってました。

ちなみに、25分勉強して5分休憩をポモドーロテクニックとか言って、集中力を持続するテクニックとして使えます。

ダレそうなときは、ゴールを近くしてやってました。

14時までやるんだ!14時まで!!うおーーーーー!!!!

→14時ナッターーーキターーーーーーーーーーー

って感じで、自分でゴールを設定して、目の前のことだけに集中するのが午後の勉強、受験勉強、いや、人生のコツですね。コレガムズカシイノダケド・・・。

16~18時

基本的に詰んでました。

この時間帯になるといつも人生に絶望してました。

「も、もう捗らねぇ・・・でもやらないとぉぉぉぉぉ。。。」
「アカン、頭に入ってこねぇ・・・。アカン・・・。」

なんかしら夕方から捗る方法ないかなーとネットでググりまくりましたが、そもそも午前中からめっちゃ勉強してるんでそんな方法はないという。

素直に休憩すればよかったです。

18時~21時

ぼーっとしてから18時~20時くらいまではソワソワしながら勉強してました。

「あ、あと少しで終わるっっ!終わるんだっっ!」という期待に胸を膨らませながら、大体20時には終わってました。

勉強の密度は午前中の70%くらいの感覚でした。

21時~寝るまで

意識が高かったのでランニングを10分ほどして、アニメやら漫画やらの娯楽をしてました。

この時間になるとめちゃくちゃ寂しかったです・・・(笑)。

お年頃だったので、女の子と遊びたい欲求がヤバくて道路で若い女の子が歩いてると興奮していました。

完全にヤバイやつです。

まとめ

ちなみにこの意識が高い生活、めちゃくちゃ勉強できた時期は大体3~10月くらいまででした。

いや、9月くらいにはもうあんまり勉強できずに萎えてマリオカートしてたかなあ。。。

10月はまだ午前中は勉強できてましたが、11月以降はマジで朝から勉強してなかった記憶があります。

別にふざけてしてなかったとかじゃなくて、メンタルが崩壊して机に向かえませんでした(笑)。

あんまり意識を高くしすぎると普通に心が折れるので、1日コンスタントに6~7時間くらい勉強して、あとは外出したり人と会ったりできるのが理想的なのかなーと今は思います。

人間はロボットじゃないんで、そういう時間も大事ですね。

短期的に頑張りまくるのは一見すごい努力してるような錯覚をしますが、トータルの勉強量、進むペースが遅くなってしまうなら逆効果です。

ある程度の遊びやリラックスした状態も入れて勉強するのが本当のプロ受験生ですね。

ゆうと

どうやらわしはプロではなかったようだ・・・

ぴぐれっと

だから人科ぶひ

ゆうと

い、いいもんっっ!満足してるもんっ!!!

ぴぐれっと

がちできもいぶひ