大学受験の体験談

ぼくが自宅浪人をしていたときの1日のスケジュールをひたすら書く

自宅浪人の1日のスケジュール

どぅも、こんにちゎ。

中学不登校→定時制高校→早稲田大学に入ったお話』でも書いている、ゆぅとともぅします。

というわけで、タイトルの通り、ぼくが自宅浪人をしていたときのざっくりとした1日のスケジュールを書いていきます。

浪人生(自宅浪人)に参考になるかも!しれません!

ゆうと
ゆうと
前置きが少しうざいですが、わりと参考になる、、、かもです。

浪人時の1日の勉強のスケジュール感

ざっくり書くと、以下のようなスタイルで、勉強が上手くいったときはやってました。

そう、「うまくいったとき」は!

7:30起きる&飯食べる

8~12数学をひたすら解く

12-13昼寝したり散歩(ほぼ昼寝)

13-16物理か英語

16-18疲れすぎて人生に絶望

18-20or21英語か物理

21-24ランニングしたり、てきとーにアニメとか娯楽して寝る

↑のタイムスケジュールをみると、1日に8〜10時間くらい勉強しているのですが、コンスタントに毎日はやっぱりできませんでした。。。

時間ごとに少し深掘りしてみます。

【7:30~8:00】朝起きたらやることリストの作成

朝起きたらまずはやることを決めて紙に書き出してました。

イメージとしてはこんなん↓

浪人スケジュール感

(※なんかヤバイやつなんじゃないか!?と思ったあなた、そう、ヤバイやつだったんです。)

意外とこの、朝やることリストを作成してできたら線で「さくじょ!さくじょぉ!」とするのは、かなり1日の捗り度を上げます。

迷いが消えます。

めんどいですが、すごくおすすめです。

【8:00~12:00】重要な科目に集中して取り組む

ぼくの場合は、数学がわりと好きで英語が大嫌いだったので、数学を重点的に朝4時間ほどやっておりました。

この4時間はほぼノンストップで、コーヒーをじゃぶじゃぶあびるように飲みながら、ひたすら数学の問題を

  • 解いては解説を読み
  • 解説を読んでは解いて

という作業を、一心不乱にやっておりました。

もちろん、超だるい日もあったので、だるい日は音楽かけながら前日にやった問題などの解きなおし(確認)をしてました。

4日1回は寝る

朝ごはん食べすぎて、床で4日に1回ほどは寝てました。

昼起きたときの気持ち:「オワッタ・・・ヤバイ・・・」(しかも夜寝れなくなる)

そこから目を血走らせて数学の問題を解き始めてました。

【12:00~13:00】休憩・昼寝

朝4時間でほぼ全エネルギーを出しきってしまったので、この時間は意識的に寝てました。

もちろん、寝るようにはしてましたが、寝れない日のが多かったです。

寝れないは、とりあえず横になって目をつぶって合格した後のハッピーな未来に妄想を膨らませておりました。

ゆうと
ゆうと
ワセダ入ったら、可愛い女の子いっぱいだぁ~はははh
ゆうと
ゆうと
うひょひょひょ!!大学入ったら可愛い女の子gggg

やばいやつですね。

【13:00~16:00】物理

昼寝が終わってからは物理をやっておりました。

午前中にエネルギーを放出してしまっているので、この時間になるともう本当にだるかったです。

「ア~ア~」
「図示するのめんどいなぁ~」
「複雑な問題やりたくねぇ・・・」

などなど、自分の感情と葛藤しながら、とりあえず手を動かしてました。

物理はそこまで嫌いではなかったので、なんとか死にそうになりつつ、やっておりました。

【16:00~18:00】発狂

  • 発狂
  • 人生に絶望
  • メンヘラ

などといった言葉がまさに適切で、そこらへんの負の感情が溢れ出てきておりました。

ちなみに、「夕方はホルモンバランスがくずれる時間だ!適切な判断ができねえ!」と心理学系の書籍で読みましたので、そういう時間帯なのだと思います。

午前中から休憩は入れつつも集中していたので、わりともう顔も気分も何もかも死んでました。

自宅から見る夕暮れは、非常に寂しかったです。

「今日も1日が終わるのか・・・(19歳/自宅浪人)」

【18:00~20or21】英語

夕方同様に、この時間はもう瀕死でした。虫の息でした。

集中力皆無のなか、なんとか英語のお勉強をしていました。

今振り返ると、たいして英語の勉強をしてなかったので、最後まで偏差値がイマイッチョだったんだなと思います。

「英語苦手だな~」とか当時思っていたんですが、そもそも勉強時間少なすぎるという。

偏差値30→70模試推移
【大学受験】ぼくが偏差値を30⇒70に上げた模試推移【画像アリ】中学不登校の学力(底辺)の定時制高校から早稲田に入るまでの模試推移を紹介デェース! タイトルには偏差値30と70というキリの良い数...

【21:00~24or25】お休み

自宅浪人してからは、「運動最高!」とネットで見て、とりあえず10分くらい毎日ランニングをすることにしました。

運動をしている→メンタルが安定する
メンタルが安定する→運動をしている

どちらが影響を与えて与えられるのかは意味不明ですが(その手の研究結果は多いと思いますが)、運動をするデメリットは基本的にないと思われます。

特に浪人生は運動するといいのではないでしょうか。わりとまじです。

筋トレと受験勉強
【効率UP】受験勉強と筋トレをセットにすれば一石二鳥すぎぃ!なんかノリで書いたんですが、意外と検索する人が多いみたいで・・・。 「受験 筋トレ」 ( ^)o(^ )勉強シナサーイ! ...

と、運動推しをしてしまいましたが、21~25時は適当に生きてました。

ただ、アニメや漫画その他娯楽を見るにしても、わりと限界(見たいものがそこまでない)があるので、普通に暇でしたし勉強もしたくなかったので、すごくなんとも言えない時間帯でした。

もう1度浪人するならこんなスケジュールで勉強する

いや、したくないですけども。

もう1度ぼくが浪人生活をするのであれば、こんな感じにいくと思います。

ぼくはわりと引きこもり体質強めです。

朝~昼:家で勉強

特に偏差値を1番上げたい科目をやります。

1日の中で最も集中できるのはこの時間帯だからです。

昼~夕方:まだ家で勉強

だるいーなーと思いつつも、勉強です。

夕方~夜:外に出る

ぼくは自宅浪人してたんですが、もう1度浪人するのであれば、予備校に行きます。

というのも、外出しないと普通に病みますし、家に1日いるのは単純につまらないからです。

つまらないと、勉強への意欲も落ちます。

たまにお休みする

週に1回とか2回とか、この日は朝~昼まで~、終わったら外に遊びにいくぉ~とか決めて、たまにお休みします。

「お休みするのはダメだ!」
「その時間も勉強だ!」

というご意見もありそうですが、たまになら遊んだり息抜きしたりもいいんじゃないかと思います。

その代わり、毎日立てたスケジュールはだるくてもこなして、遊びに行くとよいですね。

だるい日は絶対ありますので、そういう日も大いなる愛で、受け入れてあげよう。

やる気でない日の対策
【大学受験】やる気がしなくて勉強できない日の対策【捗らせる】受験生なら何度も出会うであろう 「今日はやる気がでねえ・・・」 「ノリがバカみたく悪い・・・」 という日についての対策です...

「死にたい」と口から出るようになったメンヘラ時

ぼくは昔~今まで結構メンヘラがちなのですが、

  • 死にたい
  • つらい
  • 苦しい
  • しんどい

などのメンヘラワードがでてきたら、その日の睡眠時間は10~12時間確保すると良いのではないかと思ってます。

人間って寝れば、翌日復活します。

で、また病んで、また寝て復活します。

結局、受験期に限らず人生は、寝る→病むのループ(な人が多い)ので、病んでしまったら多めに寝て、また翌日頑張って生きていきましょう!

まとめ

「休憩しつつ休みつつ遊びつつ、勉強を最後まで継続しよう!」という1行だけをお伝えしたい記事になりました。

特に浪人生の場合は、最後まで継続するのが結構なハードゲームですので、そこをなとかね、頑張っていきたいですね!

【逆転合格も可能】大学受験を最短で攻略するためのロードマップ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です