勉強量

勉強に飽きた時にやる気が絶対に復活する方法7選【テクニックも】

勉強に飽きた

「勉強飽きてきたナー」というときにおすすめの小手先or本質的なテクニックをご紹介します。

結論から書くと、『環境を少し変えてみよう』です。

ちなみにこの記事での『飽き』というのは、

  • ちょっと勉強アキタナーという人
  • ガッツリもう勉強に飽きてる人

の2つをごちゃまぜにしてますので、フランクなものからずっしりした萎えまで紹介しております。

ゆうと
ゆうと
飽きみたいなのをコントロールできるようになると、捗りますヨ~

【前提】勉強それ自体に飽きるんじゃなくて環境への飽きが多い

そもそも前提として勉強って、勉強それ自体に飽きているというよりも、環境に飽きていることが多いと思われます。

  • 毎日の同じような日々
  • 毎日同じことの繰り返し
  • 毎日同じような場所にいる

といった、そこらへんに飽きてることが大半です。

そういった勉強への飽きというのは、勉強を進めていくうえで避けては通れないので、工夫していこうゼヨって話になります。

飽きるのは普通

まあ『飽きる』の定義が難しいところではありますが、毎日同じよう日々の繰り返しに飽きてくるのはいたって普通のことです。

誰だって受験勉強をしてる時なんて飽きてますし、それ以外の活動でも同様に飽きます。

ディズニーだって毎日行ってりゃ飽きますし、ピーーーな活動でも毎日してりゃ飽きます。

ただ、この『飽き』みたいなものを普通のことだと捉えれば、人が到達しにくいところに入っていけるの、かも。

自分なりの勉強法とペースを確立して継続するコツとは

勉強は方向性×勉強量の2つの要素で結果が出ますので、この『勉強量』の部分をコントロールできると、いろいろと結果が出せるはずです。

受験勉強の飽きへの解決策を網羅

自分で考えて工夫する

↑正直、コレが全てではあります。

自分でいろいろ試しつつ、最も良い『飽きの解消法』を探っていくのがよいですね。

人それぞれ飽きの解消法ってのは違いますのででで。

あんまり定番すぎるとアレですので、自分がやっている方法をもご紹介!

【おれ氏おすすめ】勉強への飽き対策

すげえ普通なんですけど、多少飽きたなぁ・・・くらいの時は以下2つ。

  1. 音楽聞きながらできることをやる
  2. 2時間くらい散歩やら少し遠いコンビニまで歩いてなんか買いに行く

とは言っても、毎日大体同じ時間を同じように過ごしているんで、毎日夕方とかになったら外に行くとか、もはや何も考えてないです。

ガッツリ飽きたときは以下3つ。

  1. 瞑想する(15分タイマーで)
  2. 本当に軽めのこと(ここだと勉強)をやる
  3. 勉強をお休みする

やっぱり人間って人間なので、どうしてもやる気がでないというか、テンションが低い日や時間帯ってあります。

そんな時はちょっとやろうとして、無理なら諦めます。

どうせ明日も明後日もやるので。。。

ってわけで、定番のものをご紹介!

【1】勉強場所を変えてみる

移動

やっぱり1番定番なのは『場所の移動』かなーと思います。

場所移動の候補としては

  • 図書館
  • 塾の自習室(受験生向け)
  • カフェ
  • マック(安い!!)

というかなりありがちな感じですが、場所移動は環境を変えるのにわりと使えます。

少しお金はかかりますけど、まあ必要経費ジャナイカっていうところです。

ちょこっとカフェとかに行って捗るのであれば、むしろ安いと思います。

特にこの記事を読んでいる方は比較的若いと思うので、若い頃の時間ってマジ貴重です。

よく受験生の時給は1万とか2万とか聞きますよね(笑)

まああれはただのカッコワラとしか思いませんが、目先のお金を少しケチらなければ勉強が捗るのであれば積極的に使うべきです。

ちなみに場所移動をすると脳の場所ニューロンってのが活性化されて、集中力が高まるだの気分が変わるだのなんだのと調査結果も多いですね。

移動時間が運動になって気分転換になるかも

勉強をしてるときって、たいていの人が机にへばりついてると思われます。

やっぱり身体を動かさないと血行も悪くなって、集中力落ちてきます。

勉強場所を変えるときにある程度歩いたりしないといけないんで、まあ多少運動になっていいかもネ!みたいなお話でした。

あーでもですね、外で勉強してると「人間がウジャウジャいて気持ちわりい・・・」と思うこともあるかもですので、そしたら引きこもりましょ。

ヒキコモリィ~チャンス!

【2】人と会うとモチベ上がる論

「孤独はまじで健康に悪い」なんて調査結果も多いですし、直観的にも分かりますが、人と会うと勉強への本格的な飽き(モチベーション低下)が防げます。

同じ悩みを持った人と悩みを共有する(ソーシャル・サポート)ことがあるのとないのでは、かなり意志力みたいなものに違いがでるのだとか。まあなんとなくわかる。

「仲間が大事だよー!」なんてきれいごとくさいですが、実際ぼくは浪人した時期に孤独すぎて死にました。

勉強してる風になっていた頃の自分の特徴を発表

もちろんダラダラと自分の目的にそぐわないような人間関係は一瞬で切るべきかもしれません。

でも、同じ目標がある仲間とかはいたほうがよさげです。

本質的なモチベーションの部分が刺激される。。。かも。

とは言っても受験勉強ってただやるだけジャネ?

「受験勉強はただ勉強すればいいだけだから仲間なんていらないよ!」ってのも一理ありますが、その『ただやるだけ』が実は非常に難しい。。。

人間の心って

  • もろい
  • しょぼい
  • へぼい
  • すぐ折れる
  • すぐメンヘラになる
  • もぅ、マヂ、ムリ。リスカシヨ。

みたいな感じで、やっぱり人は1人では生きてはいけませんし、いろいろな意味で何かと限界があります。

ぼくタソも22歳までは

「自分さえがんばれば余裕」
「人生を変えるには自分の努力あるのみキリッ」

というまさにぼっちで救われない典型的な無駄に意識高いだけのごみカス思考をしていました。

が、、、うん、、やっぱ人は1人じゃ生きていけない。これまじ。

たまには友達とアンダーヘアー(チ◎毛)をお互いにライターで燃やしたりするのもいいのかもしれません。

ぼく「ワハハァww」
「ジュボボ」
友達「FOO!!ワハハwwww」
「ジュボボ」

お互いのアレを燃やしてるシーンでした。

くそどうでもいいですが、大学生に男どもはやたらと燃やしたがります^^;;;

【3】片付けをしてみる

部屋の片付けもそうですが、いろんな意味での片付けです。

例えば、部屋に必要ない参考書ってのがあるだけで、意外と気が散りますよね。

「これもやったほうがいいんじゃないか!?」みたいな、勉強してるときあるあるの謎の参考書論が脳内に発生します。

参考書は1冊を完璧にするのがいいの?複数やるのがいいの?問題

『飽きてきた』ときこそ、注意力が散漫になってしまっている状態の可能性が高いので、シンプルにすべし。

  • 不要な参考書を見えないとこに片付ける
  • 部屋が散らかってるなら片付ける

といったように、自分の思考を散らしてるもののお片付けをするとシンプルになります。

勉強のやることの単純化も重要で、複雑だと本気で集中できません。

どのみち片付けはしないとアカンことなので、勉強に飽きてきたときに使うと時間の有効活用になりますねー。

【4】身体を動かす(運動や筋トレなど)

『場所移動』に近いですが、身体は積極的に動かすべし。

言うまでもない気がしますが、身体を動かすことは大事です。

鬱病の予防になったり、メンタルヘルスの改善になったり、セロトニンでてポジティブになったりと、いろいろとよき。

おすすめ:筋トレグッズ

勉強とか机にへばりつく系の人には、『筋トレグッズ』をおすすめします。

  • 勉強しまくりんぐ
  • たまに筋トレグッズを持ち上げたりする
  • 筋トレがクッソ習慣化する

↓わしの部屋の筋トレグッズたちです。

筋トレグッズ

やっぱり筋トレグッズがないよりもあったほうが、「おッ!やらねばっ!」となるわけですが、ぶっちゃけぼくは肉体のゴリラ化が止まりません。

昔はフッキンローラーで立ちコロできなかったのに、今は余裕です。

ああ、そうか。おれはただのゴリラだったんだ!

はい。

なんか筋トレ論みたいなのがありました。

【効率UP】受験勉強と筋トレをセットにすれば一石二鳥すぎぃ!

【5】立って勉強する

でました、立ち勉です。

飽きてきたときに効果があって、さらに勉強もできるという優れもの。

英語とかの暗記科目は立って勉強できるんで、立って勉強すると良いかもしれません。

科学的にも座ってるよりも立っているほうが集中力や注意力が高いうんぬんだの言われていて、スタンディングブームだったり。

余談:立ちまくってると今度は座りたくなる

うん、なんていうか人間って妄信的な生き物というか、小手先テクニック大好きだなと思います。

「スタンディングってまじで神だよな」
「ま~だ座って勉強して消耗してるんですか?」

とか思ってた時期がぼくにもありました。

今は座ってることが多いです。たまに立ったりすることもありますけども。

何度も書いている気がしますが、何事も自分自身で調整をし続けて方法論っぽいものを確立するほうがダイジなのではと思います。

自分なりの勉強法とペースを確立して継続するコツとは

【6】楽な勉強に切り替える

楽な勉強っていうのは、受動的に勉強できるものですね。

  • 英単語帳の音声を聞いて音読したり
  • 英単語しまくったり
  • 英熟語しまくったり
  • スタディサプリの授業見たり

とかそこらへんの、精神的に楽な勉強です。

立ち勉強もその一環で、こういった楽な勉強、弛緩した状態で勉強できるのも毎日の勉強では大事なテクニックになります。

やっぱり人間って1日中は集中できないもので、1日のサイクルで集中したりだるーってしたりするのが必要です。

  • 交感神経(興奮状態)
  • 副交感神経(リラックスモード)

の2つが切り替わることで、人間の精神的なバランスは保たれるてきに言われてますから、ゆったりと勉強してみるのもありっちゃあり。

実際にゆったりしているかどうかではなくて、『ゆったりとできている』と思えることが大事なのかもしれませぬ。

認知を再定義する、リフレーミングですね。

勉強を楽しむにはフローとリフレーミングの2つが大事ナンジャネ仮説

【7】考え方を変える

「飽きてきた・・・!もういやよ!勉強なんてつらいわっ!!」って時こそ、考え方を変えるのは大事かもしれません。かもしれない。

「今日という1日がおれの学力を高めるのである。わっはっは。」
「毎日の積み重ねが大きな結果に!」
「千里の道も一歩から!!」
「ローマは1日にして成らず!!!」
「とりあえずウ◎コしよ」

てきな感じで、認知を変えるのは大事。

あ、これもリフレーミングでした。

まとめ:いろいろ工夫して飽きを騙すべし

毎日同じような日々を繰り返していると当然飽きてきますんで、工夫して飽きさせないようにしていきましょお。

にしても、一流になりたいなら?1万時間の法則だお??みたいなのがありますが、『飽きる』ってのが1番つれーですな。

いやまあ、勉強に限らず人生なんて何事も続けていれば飽きますけどネー。

自分なりに工夫して騙し騙し生きていきましょぅ!ゥー!

1日10時間勉強する方法とコツを伝授しようと思う

↓読むと1.5倍くらい勉強の効率が上がるかも

トップページに戻るヨ