進路

高3から大学受験の受験勉強を始めるのは遅いのか?間に合う?

高3から受験勉強は遅いのか問題

「高3から受験勉強って遅いの!?どうなのよっ!?」という疑問にお答えする記事です。

たぶんこの記事を読んでる人は2パターンの人だと思います。

  1. 高3からじゃ間に合わねええええええウガアア
  2. 高3からじゃ遅いのかな?やっぱ前もってやろーかなー

という、2パターンの方なはずです。

とりあえず結論を先に書いておくと、『目標があるなら今から受験勉強をすればOK』というところにつきます。

基本的に受験勉強だろうがなんだろうが遅いも早いもなくて、今からやる!もうそれだけ!!

ゆうと
ゆうと
今からやるってのがなんだかんだでベストアンサーデスナア・・・

あ、ちなみに、当たり前ですが高3からでも目指す大学によっては全然間に合います。

【前提】受験勉強に遅いも早いもない

受験勉強に遅いも早いもほぼありません。

あるのは自分の実力と志望校とのギャップだけです。

このギャップ(実力差)を埋めるだけの勉強ができれば合格できますし、悲しいですが埋められないなら普通に落ちます。

【現実】95%くらいの人は間に合わない

少し残酷なお話なのですが、大学受験、、、というか何かの目標を設定してそこへ向かって走り出したときに、9割以上の人は間に合わないか諦めます。

大学受験だったら、間に合わないっていう表現が適切かもしれません。

特に現役生の場合は1度も大学受験をしたことがない状態なので、既にかなり偏差値がある人以外や既に勉強のペースが掴めてる状態でないと、ガチで勉強しないと間に合わない傾向にあります。

ちなみにこの記事を書いてるぼくも高3の頃は「まあがんばってれば間に合うだろwうぇいw」という超楽観的思考でしたが、普通に間に合いませんでした。

もちろん、目標を下げれば(いわゆるFラン大学)名前を書くだけで受かります。

「いつやるの?今でしょ!」←正論すぎる

「大学受験とかあんぱいですわw」
「余裕で偏差値足りてて過去問も解けますわw」

という一部のすごい人を除くと、ほとんどの人は志望校との差があると思います。

その時にいつから始めるのかっていうと、まあ今からしかないよね~っていう定番のお話です。

かの有名な林先生も「イマデショ~~」って言ってますね。

1年間は365日からできていて、もしちょうど1年前なら1日を365回繰り返したら試験日です。

「今日1日を365回繰り返して本当に間に合うのか?」ってのを考えてみると、高校卒業後の自分の姿が見えてきます。

逆転合格はほぼ無理

重要なのは、「ほぼ」無理ということです。

  • 絶対に!
  • 頑張れば!
  • 報われますよ!

なんて言うつもりなくて、適切な方法でガッツリと努力をすれば、逆転合格はできます。

ただ、なんとなく勉強しているようだと余裕で逆転合格無理ゲーなので、そこだけは知っておいてくださいませ。

少し夢がないことを言ってしまいますが、やっぱり夢ばっかり見ていると夢は叶わないという皮肉な現実があります。

ぼくも高3の頃に現実を見ずに「ワセダ!ワセダ!」なんて吠えていたら余裕で全落ちしました><

高3から目標の大学に受かるには

  1. 当日に合格最低点を取る(現実的に受かる方法)
  2. 勉強法を整える(手段)
  3. 勉強量を確保する(手段)

シンプルに書くのであれば、『間に合わせるために勉強法を整えて勉強量を確保する』ということです。

なんとなく受験勉強をしていても、大学受験の場合、特に有名大学以上に関しては合格するだけの実力をなかなかつけられません。

あくまで逆転合格をするなら、というお話なんですが、精神的には『本気』になる必要がありますね。

【補足】大学へ行かないという選択肢もある

大学受験をすることが全てではありません。

  • 短大も良し
  • 専門学校も良し
  • 就職も良し

といった感じで、いろいろな選択肢があるはずです。

ただまあ、一般的にも、社会的にも、自分の自信などにおいても、そこそこ学歴になる大学に入ることのメリットは大きいですね。

あとはどんな道に進むとしても、『本気』になれるかどうかが、人生を思いっきり左右します。

まとめ

「遅いも早いもない!今からやろう!さあ!」という記事になりました。

ぼくには私にも無理よ・・・と自分の可能性にフタをしちゃうのはもったいないんで、目標があるなら全力でやってみましょう。

本気でやったからって損するものではありませんし、若い頃もおじさんになっても、きっと何かに挑戦する人生のが楽しいです。

あ、なんか名言みたいなのがありました。

なぜか人はやって失敗するリスクを恐れるが、人生において何もやらないことのほうが遥かにリスクがでかい。

byよく語られる名言

ぼくも、入りたい大学があるなら本気でやればいいと思います。

ダラダラ生きていると自己嫌悪感しかうまれませんが、本気でやったことには達成感やら幸福感を感じるのが人生アルアルですね!

中学不登校⇒早稲田に入った経験をベースに、大学受験のロードマップのようなものも作ってあるので、良かったら読んでみてくださいませ。

【逆転合格も可能】大学受験を最短で攻略するためのロードマップ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です