大学受験コラム

【大学受験の失敗談】基礎固めをしないで学力が伸びなかった話

基礎固めをせずにノリで勉強して学力が全然伸びなかった話を書いていこうと思います。

ノリはやっぱダメですナァ・・・。

浪人してから化学を始めたけど伸びなかった

ぼくは浪人をしてから化学を0から勉強しはじめたんですが、全然学力が伸びませんでした。

最終的に偏差値40代後半くらいで終わりました。チーン。

もちろん勉強時間はそこそこ確保していたので、完全に勉強量に結果がついてこない状態でした。

じゃあなんで結果がついてこなかったのかというと、基礎固めができていなかったからです。

どうやって勉強すればいいのか、理屈の部分をしっかりととらえて勉強ができていない、丸暗記状態でした。

英語もそうなんですが、理系科目ってガチで丸暗記をしちゃうと、ほんとに伸びません。

理屈の部分を理解して、反復して覚えていかないと学力が伸びないわけです。

でもぼくはその理屈部分をすっ飛ばしてしまっていたので、化学の学力が時間に比例して伸びなかったのですね。

無駄に参考書をいっぱい買った

しかもさらにめんどいというか、、、勉強の方針が定まってないと、とにかく不安で参考書をやたら買ってました。

で、どれもほぼやらないという・・・笑。

時間とお金の無駄遣いですね。

参考書をいろいろ買っても結局、学習の指針が定まったわけではなかったので、かなり時間とお金を無駄にしました。

なぜ学力が伸びなかったのか

考えられる原因は1つです。

『人から正しい解き方を教わらなかった』というところになります。

基礎の部分で重要なのは考え方、解き方といった部分のところです。

分かりやすいので英文法でいったら、関係代名詞のwhoは、後ろの文のSが抜けていて先行詞が人で不完全文になるよー!みたいなやつですね。

この本当に基礎の部分、問題を解くにあたっての考え方を知らないと、やっぱ基礎固めができにくいです。

勉強の基礎となる指針を持てると強い

ぼくが失敗したお話から学べる勉強の指針、方向性についてです。

いわゆるゴールが見えてる状態みたいなやつのことを指針が定まってるといえます。

指針、方向性というのはすごく大事で、それが定まってると受験勉強は本当に「やるだけ」という状態になれます。

逆に、方向性が定まらなくてゴールが見えないなか歩くのは精神的にもしんどいですし、何より続きません。

『基礎固め』って単語だけ聞くとすごくかんたんそうなイメージですが、実は受験勉強で1番ムズイのは基礎固めです。

「どうやって勉強すればいいのか」という自分の軸のようなものを決める作業で、しかもすぐにはできるようになりません。

勉強の指針を持つためには?

まずは解き方、考え方といった部分をプロから教わって真似ることだとぼくは思います。

特に偏差値が50&全単元が終わるまでは、人から習う→演習するという流れが最強です。

基礎固めを着実にこなすためには、塾、予備校、スタディサプリといったものを上手に活用するのがいいですね。

まずは習う!それでどんどん考え方や解き方に慣れていって、やがて自分で演習オンリーになるのが理想的です。

特にスタディサプリなんかは月額も1000円程度で、どの科目のどの単元の授業も見放題なので活用するといいでしょう。

スタディサプリを見てみる

スタディサプリを大学受験で使うメリット3つ

まとめ

大学受験の勉強は基礎固めが大事で、考え方、解き方をまずは身に着けよう!ってお話しでした。

ノリで勉強してしまってる、絶対にコレをやればいい!と分かっていない人は、まずは基礎固めというところを意識してみましょう。

そのためにはまずはプロを真似ることからスタートするといいですね!

関連記事