大学受験コラム

【1日の密度を上げる方法】よく分からない時間は0を目指そう

いらない時間

どうもゆうとでぅぇーす。

寝る前にちょっとだけこれは知っておくといいかも!YO!てきなものを書いておきます。

今日のお題はざっくり書くと、「よくわからない時間は0にしよう」ってお話です。

要は、楽しくもなくて、かつ自分の成長(将来への投資)にならない時間はいらないよね〜ってお話になります。

受験勉強を休むときの過ごし方!』でも書いてますね!

大きくわけて時間は4種類(だと思う)

ぼくらの生きてる時間は大きく分けて4種類に区分されると思います。

楽しい時間

  • 大好きな恋人と会話する時間
  • 好きな娯楽を楽しむ時間
  • 大好きなスポーツをしている時間

などなど、自分が本当に単純に楽しい!と思える時間ですね。

人生において楽しい時間というのは、重要だとぼくも思いますし、誰でも思うと思います。

成長する時間(未来への自分への投資の時間)

いわゆる、勉強とか仕事スキルアップなどなどの時間です。

受験生だったら受験勉強なんかはまさに典型的な成長する時間ですね。

この「成長する時間」が長ければ長いほど(もちろん方向性もお忘れなく!)

  • 自己実現できたり
  • お金稼げるようになったり
  • 社会的な成功っぽいものや自己満足が手に入る(かも)

あとは、自分の自己肯定感や自己受容感も高まる(かも)しれません。

睡眠時間(休憩も含める)

寝るのは大事です。

寝ないで生きてられる人類は今のところいません。

よくわからない時間

で、最後はこの「よくわからない時間」です。

「ココいらなくね?ココ削ったら人生の質向上するんジャネ?」ってのがこの記事でお伝えしたいことになります。

具体例↓

  • 惰性でテレビ見る
  • スマホいじいじ
  • SNSサーフィン
  • 不安からいろんな情報を収集

とかですね。

楽しくなくて、かつ、終わった後に何も思わないような時間はあんまり必要ないのかなぁ~と思えます。

もちろんぼくの主観ではありますので、「無駄こそ至高」と思う方は該当しないんでしょうけど、まあ無駄ジャネ?と。

ちなみにぼく何度も「よくわからない時間」をたくさん過ごしてきましたが、総じて「本当に無駄だった・・・」と後悔してもしきれません。

よく分からない時間を減らすには?

  • 楽しい時間
  • 成長する時間
  • 寝る時間

の3つだけを過ごせばいいんじゃね?と思います。

とは言っても、なかなかそうもいかないというのが現実でもありますよね。

よくわからない時間が多い人は、よくわからない時間を過ごすことが、習慣化(自動化)できてるから難しいと。

ただそこに関しては、最初は意識的に減らしけばいいのかなーと思います。

「スマホで知り合いのくそどうでもいいSNS見ちゃうのが無駄!」と思うのであれば、とりあえず1日10分だけチェックする時間決めて、ちょっとずつ減らすとかですね。

ぼくも今無意識的にやってしまう

  • SNSサーフィン
  • ネットサーフィン

というクソ無駄でよくわからない時間を減らす試みをしてます。

徐々に減ってる感じはしますw

まとめ:よくわからない時間0を目指すのおすすめ

  • 楽しい時間を減らす
  • 睡眠を減らす

というのはただの苦行であって中長期的に見るとむしろコスパ悪いです。

でも、「よくわからない時間」というのはなくても別に問題ないなので、積極的に減らせるといいんじゃねーかなーと思いますネッ!

あわせて読みたい
目の前の1時間に集中する
1日10時間の勉強よりも目の前の1時間で学力はクソ伸びる勉強は1日10時間って決めてやるよりも、小さく積み重ねたほうが結果的に勉強量が増えるぞ~ということについて書いてます。受験で結果を出すには短期的ではなくて中長期的にやれるほうが強いです。この記事を読むと「幻想の努力」というものを知って、「本当の努力」ができるようになるはずです。...
関連記事