大学受験コラム

短期的に頑張るのはくそ

短期的に頑張らない

受験勉強をしてるとよくでてくる概念があります。

それは、短期的な頑張りです。

徹夜とかね!

短期的な頑張りは一見すると頑張ってる感がすごいけれど、実際に長い目で見ると、逆に勉強量がへるんすよねー。

だからこそ、毎日淡々とやれるペースでやるのがくそだいじです。

ぼく自身も受験生の頃やら今でも、幻想の努力をしてしまうことがあるから、書いておいた!

よく書いてるのだけど、

  • 楽しく!
  • 大量に!
  • 効率よく!

これだいじっすねー。(それがムズイ)

で、具体的には、やっぱ自分のメンタルと常に相談すればオッケー。

ちょっときついから、軽めの勉強しよーかなーとか。

だるいとき、きついとき、しんどいときこそ、「まぁ、これくらいできればいいか~」っていう気楽に構えるスタンス本当に大事だと思いますw

参考:【やめよう】完璧主義をやめれば勉強時間と勉強量が増やせるゾって話

ちなみにぼくらは1日の大半を無意識で生きていると言われています。

無意識レベルで超生産性高いならいいんすけど、ほとんどの人は高くはないと思います。

ぼくも意識してないと気づいたらネットサーフィンやらSNSサーフィンしまくりですw

だからこそ、意識的に調整して、努力を最大化するのがだいじっすねー。

詳しくは⇒大学受験で結果を出すなら方向性×勉強量の2つを意識しようを読めばオッケウィ!

あわせて読みたい
大学受験の攻略法
大学受験で結果を出すなら方向性×勉強量の2つを意識しよう個人的に大学受験で1番ダイジダナーと思っていることをご紹介。 大学受験の勉強って やる参考書 こまごまとしたテ...
関連記事