長文読解

絶対に長文が読める!英語の長文が読めない原因と対策

英語を勉強する順番
英語を勉強する順番

英語の長文が苦手なのっ!もうどうしていいか分からないわっ!お先真っ暗よ!

という英語長文難民の方に向けて記事を書いてます。

この記事を書いてるぼくも受験生の頃に英語長文が苦手で苦手で超悩みました。

が、、、意外とフタをあけてみると長文が読めない理由というのはシンプルです。

英語長文ができない原因なんてのは限らているので、この記事を読んで当てはまるものをつぶしていってください。

もちろん、長文ができない原因は自分で考えて自分しか見つけるしかありません。

なので、この記事を読み終わったら1度、「なんでおれ(わたし)はできないんだろう?」と自問自答してみることをおすすめします。

自問自答して「これっぽくね?」と分かったら、何週間単位でやるべき勉強を定めて、ひたすらやればOK!!

ゆうと

単語、熟語、文法、解釈あたりがしっかりできてりゃ読めるっちゃ読めますねー

ぴぐれっと

1つずつつぶすぶひいい

【原因1】英単語の不足

長文読解-英単語不足

長文が読めないランキングで上位に食い込むのが英単語の不足です。

具体的にどの程度が英単語がそこそこできるレベルなのかというと、市販の英単語帳1冊をすぐに8~9割思い出せる状態になります。

「decide→を決定する!!!」っていう一瞬で出てくるレベルが8割近くできていれば、英単語はそこまで不足していません。

逆に言うと、出てこないなら圧倒的に英単語力の不足です。

その場合はまず長文うんぬんではなくて、最優先で英単語を補強しまくりましょう。

英単語がヤバイ人は↓の記事を読んで気合入れて覚えまくればOKです。

【1ヶ月で1000個!?】大学受験の英単語の覚え方/勉強法

あと、単語帳は1冊だけでいいので、1冊だけを何度も何度もやりこみましょう。

地味ですが、反復学習はやっぱり最強です。

ゆうと

英単語はガチで大事っす

【原因2】英熟語の不足

長文読解-熟語不足

英単語の次に来るのが、英熟語の不足です。

英熟語ってかなり盲点なんですが、実はなかなかに重要な単元になります。

なんでかっていうと、熟語知らないとそもそも意味が取れないからです。

例えば、~~~ took in a lecture.

って文章があったとして、take in(を理解する)っていう意味を知らなかったら普通に読めないんじゃねーですかってことですね。

ゆうと

え、えーとinは~のなかにで、takeは~を取るだから、、、

ゆうと

講義の中で、、、と、取る・・・?!?

ってわけで、英熟語の知識がないと文章が読めませんね。

なんも知らない状態で、takeは取り入れるで、in~の中だから、頭に講義を取り入れるイメージで、理解するだ!!!!!とはならんからです。

英熟語はなんかしら1冊か解体英熟語をやればよいので、なんかしら1冊を8割以上に仕上げましょう。

ちなみに解体英熟語がおすすめです。↓

大学受験の英熟語は『解体英熟語』1つでOK

英熟語はかなり基礎になるので、長文の勉強の前にある程度できる状態にしたいところです。

ゆうと

熟語も単語と同じで大事!

【原因3】英文法の不足

長文読解-英文法不足

3つめは英文法の不足です。

英文法は長文を読むのに必須になります。

分詞構文、分詞、動名詞、不定詞、などなど、、、いろいろありますが、どれれかが欠けていると、正しく英文を読めません。

Studying english is fun.

という英文があったとして、まずそもそも、studying englishのところが動名詞と気付けなければ意味不明ですよね。

上の英文はかなりかんたんなので、ノリでいけますが、大学受験の長文読解ではもっと長くなるのでノリだときついです。

英文法は英文解釈(英語を正しく読むための勉強)の前段階で、長文の基礎になるので、英文法ができないと長文も普通に厳しいです。

英文法が微妙よ!って人は、スタディサプリや塾や予備校の授業で基礎を学んで市販の問題集を1冊やるのをおすすめします。

↓の記事を読んで文法をちゃっちゃと仕上げましょう。

英文法を独学で超効率良く勉強する具体的な方法

ぴぐれっと

文法ができないとダメぶひいいいいい

【原因4】英文解釈の不足

長文読解-英文解釈の不足

4つめは英文解釈です。

英単語と熟語がそこそこ定着していて、さらに英文法もまあまあできるようになってくると、英文解釈の勉強ができます。

特に英文法と密接に絡みついているので、英文法の勉強ができてないと厳しいっ・・・!

ゆうと

英文解釈ってのはかんたんに言うと、英語を読むルールを学ぼう!てきな

ぴぐれっと

読み方ぶひ

↓の画像のように、長文の前段階には、基礎固めがいるイメージです。

英語を勉強する順番

長文が苦手よ!単語も熟語も文法もできるわっ!という人は、英文解釈の力不足しているかもしれません。

長文を勉強しているときに、本当に1文1文正しく和訳できるのか?人に説明できるレベルに和訳できるのか?ということを確認してみてください。

もし1文1文正しく読めなくて、読み方が分からないであれば、解釈の勉強が必要です。

解釈の勉強については↓の記事に書いてるので、英文解釈を得意にしておきましょう!

英文解釈の超効率の良い勉強法【正しいやり方で伸ばす】

ゆうと

解釈はなめたらアカンっすね

【原因5】英語の慣れの不足

英語の基礎固めはできてるわっ!

英単語帳も1冊9割くらいすぐ意味がでてくるし、熟語も1冊できてる!

文法だって1冊ほぼマスターしてるわよっ!

1文1文だって、解釈できるわっ!余裕よっ!

という人は、英語の慣れが不足してる可能性があります。

英語長文って1文1文が何個も何個もひっついて構成されてます。

文章が何個何個もつながっていることで発生する指示語や省略など、長文になることで新しく登場する独特の慣れみたいなものってやっぱりあります。

この『慣れ』という部分に関しては、1長文ずつ丁寧に精読と反復をして着実にマスターしていけば、徐々にパターンがつかめてきますね。

詳しい長文読解の勉強のやり方は↓に書いてるので参考にしてみてください。

英語長文がスラスラ読める!英語の長文読解の勉強法!

ゆうと

慣れも大事

ぴぐれっと

多いぶひねえ。。。

【原因6】勉強のやり方が悪い

  • 長文は1回解いて終わり
  • 何度も何度も読んでない
  • 精読してない

といったように、長文も勉強のやり方がミスってると、時間をかけても読めるようになりません。

特に長文が苦手な人がやってしまいがちなのが、『1文1文をしっかりと精読して復習をしていない』といったことです。

長文も英文法なんかと同じように、着実に何度も何度も理解して反復することが必要です。

1回サラッと読んだ程度じゃ文章の構文やら意味の取り方などが定着しません。

精読や英文解釈、英語の慣れというのも極論、暗記です。

暗記というのは反復しないとできないわけで、やっぱり反復が大事なのですねー。

詳しい英語長文の勉強の仕方は↓の記事に書いてるので、読んでおくとよいです。

英語長文がスラスラ読める!英語の長文読解の勉強法!

ゆうと

やり方も大事よっ!何度も何度も反復ぅぅ!

まとめ

(↑カワイイw)

英語の長文が苦手なのも細分化していくと、単語や熟語、文法、解釈、慣れ、勉強のやり方といったところになります。

結局、ぼくはこの記事を読んでる人の英語長文が苦手な原因を見つけてあげることはできませんので、自分でどうしてできないのかを洗い出してみましょう。

自分がなんでできないのかを知りたいときは、紙に書いて見える化してあげるときっと分かるはずです。

苦手の見えるか

こんな感じで、自分なりに原因を突き止めて、行動に落とし込みましょう。

あとはぶっちゃけ一瞬でできるようになる方法は存在しないので、時間がかかることを知って、着実に目の前のことをやれるといいですね!

ゆうと

あせらず1つ1つやるのが最短ルートよっ!

次は英語長文の勉強法の記事よっ!

↓の記事の通りに勉強すれば伸びるわよっ!

わよっ!

英語長文がスラスラ読める!英語の長文読解の勉強法!