長文読解

英語の長文読解は参考書で決まる!?おすすめの参考書/問題集!

英語長文問題集

英語の長文の問題集でおすすめのものを紹介していきます!

英語の長文の問題集はこれをやればこうなる!ってよりかは、できるだけ1つ1つ着実に定着させて、量をこなせるのがベストです。

1冊ずつやっていきましょう!

【始めに】大学受験の英語長文は参考書選びが大事!

長文読解の参考書選び

大学受験の長文読解は参考書選びがかなり大事です。

英語長文の参考書ってどれも似てるようで違います。

もちろん英語の長文と問題があるのはどれも同じですが、解説のボリューム感というところですね。

解説の密度が違います。

例えば、大学受験の長文で定番のやっておきたい300~1000シリーズなんかは、あまり解説は丁寧ではありません。

雑だ!!クソだ!!!と言ってるわけではなくて、普通ってことです。

長文が読めるようになる、解けるようになるには、まず文1つ1つを理解していることが大前提になります。

1つの英文が読めないのに完璧に設問を解くことはできません。

英語の長文問題集や参考書を選ぶ際には、できるだけ1文1文の解説が丁寧なものを選ぶのが良いです。

いわゆる英文解釈という勉強とほぼ同じですね。

英語の長文はとりあえず読んだら力がつくのではなくて、読めなかった文章を読めるようになって、さらに無意識的に反応できるとこまでやりこんだときに実力がつきます。

そのためには、できるだけ分かりやすい、解説が丁寧なものが好ましいですね。

ちなみにかなり英語が得意になってきたらそこまで丁寧じゃない、過去問なんかでも大丈夫です。

ただ最初のうち、偏差値60~70いかないうちは、とにかく丁寧なもので勉強しましょう。

あと、英単語、英熟語、文法、英文解釈が微妙な場合はまずそっちからで!

①英語長文ハイパートレーニング

英語長文ハイパートレーニング

少し古い(?)ですが、ハイパートレーニングはかなりおすすめできます。

問題数は12題と少ないすけど、解説がスゴイ丁寧です。

↓こんな感じですね。

ハイパートレーニング中身

英語長文をそれぞれ1文ずつ構文を取りつつ、何がどれにかかっているなどが分かります。

(この関係代名詞はこの単語に~みたいなやつですね!)

英文解釈の勉強に近いですが、英語長文はしっかりと解いたらその文章を血肉するのが大事です。

ハイパートレーニングを使うと文1つ1つを理解して勉強していけるので、英語長文が苦手な人も勉強しやすいですね。

超基礎、センター、難関編がありますが、センターと難関編をやれれば良いのかなーと思います。

ぼくが受験生の頃はセンター編と難関編をやりました。

英語長文は英語力全体が必要なので、ハイパートレーニングの2冊だけだとそこまで伸びを実感できませんでしたが、おそらくやった意味はあったと思われます。

あと少し余談ですが、英語長文って2冊やる程度じゃめちゃくちゃ一気に伸びることはありません。

着実に単語、文法、熟語、解釈の基礎をやりつつ、長文に慣れていっていくようなイメージです。

ゆうと

ハイパートレーニングは普通に良いッス

②英語長文レベル別問題集

英語長文レベル別問題集

2つめはレベル別問題集です。

レベル別問題集は1~6段階まであって、大学受験をする人なら4~6あたりをやればいいのかなーと思います。

ぼくは4,5,6をやった気がします。

ゆうと

今振り返るとまじで反復が足りなかったナァ・・・

レベル別問題集の中身はこんな感じです。

英語長文レベル別問題集の中身
  • 構文把握
  • 和訳
  • 英単語

といった、ハイパートレーニングのやや劣化版だけれど、そこそこ分かりやすいつくりになってます。

ハイパートレーニングのとこにも書きましたが、英語長文は解釈できていることが大事です。

SVOCとか副詞節とかを知っていても、具体的にその意味が分かっていないと、全く実力になりません。

解釈が怪しい人は英文解釈からやりましょう。

英文解釈の超効率の良い勉強法【正しいやり方で伸ばす】

レベル別問題集はかなりスタンダードで良い感じなので、おすすめできますね!

③やっておきたいシリーズ

長文読解の参考書選び

大学受験の英語長文といったらコレ!ってくらい、有名な参考書です。

参考書ってよりは、問題集って感じかなー。

ぶっちゃけ、英語の基礎ができてない状態でやっておきたい300とかをやりだすとかなり詰みます。

しっかりと知識を入れて演習する!というよりは、既に知識がある前提で演習しよう!という参考書だからです。

ゆうと

偏差値45くらいの時にやって泣いた記憶があります

 

ぴぐれっと

雑魚ぶひ

中身はこんなんで、わりと普通です。

やっておきたい英語長文の中身

パラグラフごとに和訳があって、単語もある~っていうスタイルですね。

既にそこそこ実力がある人、自力で英文解釈ができる人が、演習用として使うのがおすすめです。

④速読英単語

「単語帳やーん!」と思われるかもなんですが、速読英単語は単語帳よりもかなり長文問題演習寄りの参考書です。

長文ってよりは短文って感じの長文問題が多く入ってます。

英単語が定番の表現が学べるのはもちろんのこと、文章の内容も結構おもしろいです。

ユートピアってのは、ギリシア語の語源で「どこにもない場所」って意味なんだ。

でも、誰もが幸せである世界を想像することができるのは若者だけの特権だぜ。うぇい。

みたいなことも書いてあって、読んでみたら意外とおもしろかったです(笑)。

大人になってくると誰もが幸せにはなれないってのはよくわかりますからねw

なんだか受験生の頃は英文を読むのに必死で内容を全然理解しようとしてなかったんだなーとかこの記事を読んで自分自身を知りました。

英文を読むのは英文を読むために読むのではなくて、内容を知るためにあるんですね。

何気に↑これ大事です。

中身はこんな感じになってます。

左が文で右が和訳ですね。

文章も長くないので、英語の基礎固めができている人は使うと良いかもしれません。

⑤【1番おすすめ】関先生の英語長文ポラリス

関先生の英語長文ポラリス
ゆうと

1番おすすめっすね

ぴぐれっと

関先生信者ぶひ

1番おすすめって書いてる通り、1番おすすめです。

スタディサプリ講師の関先生が出してる長文問題集になります。

何が良いのかっていうと、解説の丁寧さですね。

他の長文の問題集よりもすごく丁寧です。

設問の解き方↓

英語長文ポラリスの中身2

↓構文把握の英文解釈の解説

英語長文ポラリスの中身

ハイパートレーニングにかなり似てます。

1文1文解説されてるので、英語が苦手な人もかなりとっかかりやすいです。

ただいくら分かりやすくてもSVOCなんかが分かってない状態だと勉強できないので、そういう場合は英語長文よりも解釈のほう優先で!

1番おすすめできる長文の参考書です。

ゆうと

とりあえずこれでいいんじゃね?と思います

まとめ

英語の長文読解の問題集の紹介でした。

ハイパートレーニングかポラリスあたりをやっていって、慣れてきたら数をこなす演習にうつっていくのがおすすめです。

ただ何度も書いてるように、英語は基礎のほうが大事なので、基礎がないと長文はいくら勉強してもできるようになりません。

基礎が怪しい人は基礎の単語、文法、熟語、解釈から!

そこそこ基礎ができてる人は、長文演習を少しずつやっていきましょーう。

英語長文のに読むと良い記事

英文法は長文の基礎になります。

まずは英文法が怪しくないかをチェック!

英文法を独学で超効率良く勉強する具体的な方法

単語やら熟語やらは↓

単語と熟語は大事っていうか、ないと詰みます。

【1ヶ月で1000個!?】大学受験の英単語の覚え方/勉強法

大学受験の英熟語は『解体英熟語』1つでOK