数学

【大学受験】数学の基礎を固める参考書と勉強法【0~偏差値60】

数学の基礎固め

この記事では、数学の基礎固め用の参考書と勉強法をご紹介!

大学受験の数学は1に基礎2に基礎34で基礎、5で基礎といったように、「基礎固めがいかにできるか」で決まります。

基礎さえできれば偏差値70レベルのやや応用レベルもパターンゲーでできるようなりますので、この記事を見て学んでおいてくだされ~。

数学の基礎固め用の参考書は2つでOK

大学受験の数学でおすすめの参考書』でも書いてるんですが、大学受験の数学の基礎固めで必要な参考書は2つだけです。

  1. スタディサプリ
  2. 青チャート

の2つです。

参考書って増やせば増やすほどどれも中途半端になって学力が伸びないので、2つでOK!

逆に言うと、3つも4つもアレモコレモやってると、学力伸びずにもれなく全落ちコースです。

スタディサプリと青チャートの用途としては、スタディサプリで超基礎~基礎レベルを学んで、青チャートで偏差値60をぶちぬく感じです。

やりこめば、ほとんどの人が結果を出せる参考書だと思われます。

スタディサプリで超基礎~基礎はOK

スタディサプリは超基礎~基礎レベルを身に着ける際に使うのがおすすめです。

スタディサプリだけをやりこんでも偏差値60くらいは超えますが、授業がいっぱいありすぎてわけわからん感じになるので、ある程度したら青チャートに切り替えるのが良いですね。

ゆうと
ゆうと
青チャートを定着させるための準備みたいな感じっすね!

スタディサプリを使うと、青チャートや定番の参考書では学ぶことができない

  • この単元はどういうのものなのか?
  • どうやって解くのか?

といったところが、0から学んでいけます。

ゆうと
ゆうと
「行間」とか言うんですけど、数学はまじで「行間」が大事っすよー!

青チャート系の参考書は「演習用」には最強なんですけど、超基礎の部分を学ぶ際には適していません。

そういった

  • 超基礎レベル
  • 習ったことがない単元

のところをスタディサプリで補う感じです。

  • 授業見る
  • テキスト解く

といったループで、超基礎の部分は固められるので、スタディサプリが数学1A~3まで1番基礎固めには良いと思います!

スタディサプリベーシック講座 スタディサプリ数Ⅲテキスト

あとは、青チャートやってるときに99.999%の確率で「ナニコレワカラナイ」という単元が出現するんで、その時にスタディサプリの授業を参照すると効率良いですね。

ゆうと
ゆうと
苦手単元の克服でも使えるよ!
  • 数学1A~3の入門~基礎固めに
  • 解き方や考え方を知るために
  • 苦手単元を授業で克服するために

といったところで活用できます。

数学の基礎固めはスタディサプリだけでOK!って感じ!

まだスタディサプリに登録してない人は、ぜひ使うことをおすすめする!

スタディサプリの登録はこちら

青チャートの例題で偏差値60をぶちぬく

青チャート数2b

スタディサプリをやっていくと、単元ごとにそこそこできるようになってきたら、青チャートの例題がおすすめ!

この「そこそこできる」っていうのがどういうレベルなのかっていうと、完全に主観です。

「まあまあできるようになったんじゃね?」と思ったら、実際に青チャートの例題をやればOKです。

最初から解いていけなくても、解説を読んで理解できて解きなおしができるなら、もうそっからは青チャートメインでOK

「あーやっぱちょい微妙ダナア」と思ったらスタディサプリに戻ればOKです。

ゆうと
ゆうと
そこそこできるようになってきた単元を青チャートで演習って感じですね!

青チャートの例題がほぼ全単元8割近くできるようになってくると、河合記述とかのメジャーな模試で偏差値60超えてきます。

ただまあそこまでいくのがなかなか時間がかかるので、ぶっちゃけそこは気合です。

青チャートの例題は多いっちゃ多いんですが、どの問題も超必要なので、気合ですね。

おい、また気合かよ。やる気あんのか!?ってことで下の記事も参考にどうぞ(笑)

【大学受験】やる気とモチベーションの攻略法【総まとめ】

0⇒偏差値60の数学の勉強法を詳しく解説する

こっからは

  • スタディサプリ
  • 青チャート

の2つを使った勉強法についてです。

この2つをグルングルンループしまくってれば、気付いたら偏差値60超えてます。

ゆうと
ゆうと
クソ地味で完全に修行ですが、確実に結果はでるはず!

【STEP1】スタディサプリの問題を解く

問題をいきなり解く

まずは問題をいきなり解きましょう。

習ったことない範囲ややったことない単元は、いきなり授業を見るでOK!

【STEP2】答え合わせする

数学の答え合わせ
  • 余裕で解けた
  • 余裕であってた
  • 理解できてるナーーー

ってやつらはゴミ以下なので、もうやらないでOK

数学の基礎固めで重要なのは、できなかったもの(考え方があやしかったもの)をあぶりだすことです。

丸やらバツをつける意味はないので、自分の弱点を探すためだけにやりましょう。

【STEP3】できなかった問題を授業見て理解する

スタディサプリ数学の基礎レベル

最初から手が動かなかったものや計算ミスをしたりしたものは、スタディサプリの授業を見て理解しましょう。

講師が

  • どうやって解いてるのか
  • どうやって考えてるのか

というところを真似まくりましょう。

あとは式の変形の仕方とか、「定番の流れ」みたいなのがあるんで、そこをプロの講師から学ぶような感じですね。

「講師がどうやって解いてるのか」を見て真似ることで、数学の感覚みたいなものは研ぎ澄まされていきます。

【STEP4】何も見ないで解きなおす

解きなおし

授業で理解できたら、何も見ないで再現してみましょう。

問題を解きなおす際には、

「○○○だから~×××」

みたいな感じで脳みそで人に説明しながら勉強すると効果的です。

説明できないものはそもそも理解できていないので、その場合はもっかい授業へGO!!

【STEP5】期間をあけて最低2~3回解く

数学の反復学習

解けた日付を書いて、できなかった問題は2~3回反復するようにしましょう。

反復することでより深い理解や新しい気付きみたいなものがでてくるので!

ただ、スタディサプリの基礎レベルの問題は5回とかは反復がいらなくて、2回くらいでオッケーですね。

どのみちここらへんの基礎知識は青チャートの例題で必要になるので、足りなかったら戻ってくるイメージで!

【STEP6】青チャートの例題で演習

青チャート数3

スタディサプリで入門~基礎レベルができてきたら、青チャートの例題を単元ごとにやりましょう。

例えば、2次関数の基礎ができてきた!と思ったら、青チャートの例題の2次関数をやってみるみたいな感じです。

青チャートの例題は大学受験の基礎~やや標準レベル下くらいの問題なので、青チャートさえできればOK

スタディサプリは基礎の基礎を入れるために必要なだけで、あくまでメインは青チャートの例題って感じでやるといいですね。

【STEP7】青チャートの例題は期間をあけて5回反復する

日付勉強法数学

青チャートの例題で「最初から解けなかった問題」は、期間をあけて5回は反復しましょう。

「は?5回とか多すぎだろ頭わいてんのか!!!」とキレそうになる気持ちは分かりますが、まじで5回くらいはやったほうがいいです。

一見、同じ問題を5回もやるって非効率に思えちゃうんですけど、最低5回やったほうが確実に実力になります。

  1. 2回やってすぐ忘れる
  2. 5回やって長期記憶にできる

の2パターンだったら、どう考えても後者の長期記憶できるほうが結果は出ます。

わりと勉強しても伸びないパターンの受験生に多いのが、明らかに反復不足ってのがあげられるんで、5回は反復していきましょう。

ちなみに反復回数を増やすためにも、「参考書はしぼる」ってのが大事です。

反復回数を増やすためには、参考書をしぼってそれだけをやることがクソ重要ですね!

STEP1~7ををひたすらループ

大学受験の数学の基礎固めは、ざっくりとこんな感じです。

  • 習う!
  • 演習!
  • 理解する!
  • できないやつ反復!
  • 青チャートで演習!

文系理系とわず、このループをひたすらやりまくれれば最低でも偏差値60は超えてきます。

偏差値が30~40の人でもこの手法で独学で勉強していけると思われますので、あとはやるだけです。

実際、勉強ってのはある程度正しい方法論がつかめたらどれだけこなして頭に記憶を定着させるか次第です。

わりとメンタル系のお話になっちゃうんですけど、最終的にはやっぱりメンタルっぽいところに収束しちゃいますね。

数学の基礎固めの方法まとめ

大学受験の数学の基礎固めは

  • スタディサプリでインプットする
  • 青チャートの例題をやりこんで実力にする

という2つの手順でできます。

偏差値60超えてきたらあとはもう自分で考えていけると思われますので、そこからはチョイムズイ参考書を同じような要領でやればOK

ちなみに偏差値60超えてきたら1対1演習がおすすめですが、この記事では詳しくは書きません。

あわせて読みたい
偏差値60から70応用編
偏差値60⇒70突破!大学受験数学応用レベルの勉強法と参考書大学受験数学の偏差値55~60→70にする方法!この記事を読めば、偏差値70までの道筋が見えるはず!実際にぼくもこの記事に書いてる方法で偏差値70超えましたし、かなり再現性は高いと思います。...

スタディサプリと青チャートを用意したら、あとは手順通りにやるだけです。

すごくシンプルで簡単そうに見えますけど、シンプルであるがゆえに退屈さから逃げて、結果何も残らないということにならないように!

実際、あれもこれもやってる受験生で結果を出す人は超稀ですし、あれもこれもやっててぼくは現役の頃に全落ちしましたw

ゆうと
ゆうと
決めたらそれだけをやりこむ!ってのが受験勉強のコツですね!

ってわけで、やることを決めて徹底的に反復していきましょう!

そうすれば、数学の偏差値60くらいはちょろいですよー!

スタディサプリの登録はこちら

Amazonで青チャートの購入はこちら