数学

【偏差値70超え!】大学受験の数学でおすすめの参考書と問題集3つ

大学受験の数学の参考書まとめ

大学受験の数学の参考書は文系でも理系でも3つ、正確には3種類でOKです。

マーチくらいまでで私は満足ょっ!ってひとは、2種類でOK!

この記事では、偏差値別(3段階くらい)

  • 偏差値30~50
  • 偏差値50~60くらい
  • 偏差値60以上

といった全受験生が数学を独学でもやっていける数学の参考書を紹介デース。

ゆうと
ゆうと
3つで余裕ですよぉ~

【偏差値30~50の人向け】基礎固め用の数学参考書

偏差値30から50の数学
  • 数学が苦手な人
  • まだ全単元終わっていない人
  • 基礎固めしたい系の人

といった人類におすすめの参考書と問題集です!

数学はとにかく基礎固めが99%と言っていいほど重要なので、基礎が微妙な人はまずは基礎からやりましょう!

  • 基礎ができるようになる
  • 少し難しい問題が理解できるようになる

といったように段階的に実力がついていくので、基礎はほんとに大事です。

あとは基礎さえコツをつかんでくれば数学はもはやただの理解してからの暗記ゲーということが分かります。

スタディサプリのベーシック&スタンダードレベルがおすすめ

スタディサプリベーシック数学-jpg
  • 受験の全単元の範囲が終わっていない
  • 苦手単元がある
  • まだ偏差値が55いってない

という人に全力でおすすめしたいのが、スタディサプリのベーシック&スタンダード講座!

スタディサプリで数学の基礎固めをすると何が良いかって、映像授業を見て勉強していけるから圧倒的に理解しやすい!ということです。

実際、偏差値30~50くらいの受験生って、「ヨクワカラナイナー」と止まってしまうことって数学では多いと思いますが、それがなくなります。

しかも、自分のペースで進めていけるから、塾や予備校で授業を受けるよりも早いという!

使い方もちょっとだけ解説

  • 授業見る!
  • テキストで解く!

をループして全単元終えるだけです。

めっちゃシンプル!シンプルイズベスト!

スタディサプリ数学の基礎レベル スタディサプリ数Ⅲテキスト

テキストの問題は全部授業で解説されてるので、授業を見てから「理解できたナー」と思ったら、あとは解いて反復していけばOK

スタディサプリのベーシック講座&スタンダード講座の2つをやれば、

  • 偏差値50以上
  • 全単元終了

といったところまでは絶対に到達します。(到達しない場合は反復不足です)

数学はなんといっても、「基礎」「理屈」といった部分が非常に重要なので、プロからしっかりと考え方と解き方を学んでおきましょう。

そのあとに定番の参考書でオラオラ演習すればOK!

「数学の基礎固めを効率良くしていきたい!」という人は登録して使うことをおすすめします!

スタディサプリのサイトはこちら

【偏差値50~65の人向け】大学受験基礎の数学参考書

青チャート
  • 偏差値が既に50ある
  • 全単元は習い終わってる

という人に全力でおすすめできるのが、受験数学の定番『青チャート』です。

正直、偏差値50~50後半の人で全単元終わってる人には、青チャート以外をおすすめしたくないっていうくらい、おすすめする!

ぼくも受験の全範囲の基礎ができてから青チャートの例題をやりこんで偏差値60コンスタントに超えるようになってワッショイでした。

青チャートの例題を反復すれば偏差値60はいく!

青チャートは超定番ですけど、青チャートの例題をやりこむだけで偏差値60は超えてきます。

例題だけでもMarchの数学は合格最低点が取れるくらいにまでならいけちゃうかなーという感じ。

それくらい受験基礎レベルの問題が網羅されている良書です。

ぼくも青チャートの例題をやりこんで、偏差値60以上は安定して取れるようになりました。

高3の頃に偏差値48で伸び悩んで

「塾の授業がいいのかなぁ・・・」
「テキストがいいのかなぁ・・・」

とかフラフラしてたんですが、今思うとまじで時間の無駄だったと言える!

全単元終わってるなら、青チャートの例題をひたすらやればいい!

青チャート例題の勉強方法を軽く紹介

  • 解く
  • 解説読む
  • 期間をあけて3~5回反復する

というだけ!すごくシンプルではありますが、超退屈で地味ですw

ただこの『シンプルさ』といったものが、数学の偏差値を伸ばすうえですごく重要なので、ぶっちゃけ気合やらモチベ系の話になります(笑)

地味ですが、青チャートの例題をやりこめれば、絶対に偏差値60近く(それ以上)がでるようになるはずです!

さらに詳しい使い方については下の記事を参考にしてみてください。

ぼくが偏差値60越えした青チャートの使い方と勉強法を紹介する!

【偏差値55~70の人向け】大学受験標準の数学参考書

1対1

ここからは大学受験標準レベルっ!

  • 少なくとも偏差値55以上(60以上が好ましい)
  • 全単元が終わってる

という人におすすめの参考書です!

ゆうと
ゆうと
ここらへんの参考書が定着してくると偏差値70はいくぞー!

1対1対応の演習の例題&演習問題で偏差値70はいく!

偏差値が60くらいあって全単元終わってる人には、1対1を全力でおすすめします。

1対1は受験標準レベルの問題が網羅されている参考書で、やりこむと少なくとも偏差値70は超えてきますね!

ぼくも1対1を青チャートの例題がある程度定着してからやったんですが、数学の偏差値70超えてかなり良い感じになりました。

ゆうと
ゆうと
尚、早慶の理工の数学ではボッコボコにされました・・・w 

1対1には大学受験標準レベル(偏差値60→70になるレベル)の問題が網羅されてるので、やりこめばまじで数学が得意になります!

偏差値が60くらいあれば独学でも全然理解していけるので、ひたすらやりこめばOK

青チャートと同じで、ぶっちゃけ淡々とやる「気合ゲー」です。

1対1対応の演習の使い方をざっくりと説明

  • 解く
  • 解説読む
  • 解けない問題を3〜5回反復する

というだけ!

ゆうと
ゆうと
シンプルだけど、時間はかかる!

青チャートの例題を勉強するときとぶっちゃけほぼ同じですが、1対1のほうが問題が重めなので1問あたりの時間はかかりますね!

焦らずに1つ1つ定着させていくのが大事!って感じです。

偏差値60→70をぶちぬく勉強法は下の記事を参考にしてくれ!

偏差値60⇒70突破!大学受験数学応用レベルの勉強法と参考書

数学の参考書&問題集の紹介まとめ

偏差値30~70までの参考書を紹介したんですが、3つしか紹介してませんね!

このサイトでは数学は3つをメインに紹介してるんですが、もうほんとに3つでOK!!

ゆうと
ゆうと
参考書は増やすよりも減らしてやりこむほうが大事っすよー!
  1. スタディサプリで基礎固め
  2. 青チャートの例題で大学受験基礎レベル網羅
  3. 1対1で偏差値70をぶちぬく!

って感じでOK

いろいろ手を出すとどれも中途半端になるんで、1つずつやるのが最短!

関連記事