大学受験コラム

【大学受験】全科目共通!偏差値30からの勉強方法

 

大学受験を偏差値30からするなら!という記事になります。

この記事を書いてるぼくは、中学不登校→定時制高校→早稲田入ったって感じなんですが、最初は偏差値30以下でした。

正確には、32くらいだったかなぁ。。。

模試の問題で英語は全部勘!数学は1問だけ解けた!笑みたいな感じの状態でした。

でも、大学受験っていうのは、正しい方法でしっかりと勉強量をこなしていけば、早慶くらいなら入れます。

もちろんかんたんではないですが、やることはすごいシンプルです。

この記事では、偏差値30代の人向けに、勉強のコツを書いていきますね。

ゆうと

とにかくまずは正しい方法を知って、そこからスタートするのが大事ですね!

ぴぐれっと

目的地が見えない状態で勉強しても遠回りするだけぶひ

STEP1.志望校を決めよう

ごくごく普通ですが、まずは志望校を決めましょう。

例えば、早稲田入る~だったら、早稲田の~学部入る!って決めます。

ゆうと

まずはゴールを設定することで、そこまでの道のりを知る感じですねー

ぴぐれっと

ゴールをまずは決めるぶひ!

STEP2.現状と目標のギャップを知る

 

次にやることは、自分が目標の大学とどれくらい離れているのかを知ることです。

偏差値30からやる手順を具体的に

まずは基礎の徹底をする

 

偏差値30とかの場合って、まじでなんもできないんで基礎を徹底的にやる必要があります。

じゃあどうやるのか?というと、

 

用意すべきものは、

 

勉強内容を質問できる環境(塾や学校の先生など)

基礎を学べる授業(スタディサプリでOK)

かんたんめな参考書

 

この3つですね。

 

勉強内容を質問できる環境は偏差値50くらいは必要

 

勉強内容を質問できる場所ってのは必ずないと無理です。

偏差値30~40くらいの人って、まじでなーんも分からないんで、解説を読んでも理解できないことが多いんですね。

 

ぼくも昔そうだったんで分かるんですけど、

なんていうか、読んでも理解できないわけですよ。

 

頭が悪いからとかじゃなくて、解き方のプロセスとか他の知識がないから、できないんですよね。

 

じゃあどうすればいいかっていうと、

質問できる環境を作るってことです。

 

学校の先生だったり、塾の先生だったりに、定期的に質問ができる環境を用意しないと、無理ですね。

少しお金がかかっても、学校が無理なら塾とかに短期的に利用したほうがいいです。

 

基礎を学べる質の良い授業(スタディサプリおすすめ)

 

ぼくは今は集団授業や個別指導の授業よりも、映像授業をおすすめしてます。

 

例えば、東進とか、河合塾マナビスとか、スタディサプリですね。

 

なんでかっていうと、集団授業ってのはデメリットのがでかくて、週に1回とかしか受けられないんですよね。

自分の都合じゃなくて、授業をやる側の都合で、自分の勉強のスピードを左右されるってのは論外です。

 

集団授業って別に大したメリットがなくて、

臨場感が良いとか、やっぱりその場がいいとか、なんでだよ?って思いませんか?w

別に臨場感なんて求めてないし、緊張感もいらないんですよ。

 

だって、勉強内容が分かればいいんだから。

そんなものは映画でも見に行けばいけばいいです。

 

あと個別指導の授業は単純に教える側の質が低いんで微妙です。

ぼくも個別指導で一時的働いてましたけど、ぼく自身の勉強を教えている質も低いしw、他の講師も同様に低いわけですよ。

だって、別に教えるプロじゃないんで。そこらへんの大学生ですから。

 

で、映像授業のメリットは効率が良いことです。

いつでも見れるし、自分のペースで(速いペースで)勉強できるのが最強に良いわけですよ。

 

ただ、東進とかマナビスは授業料すごい高いし、あとはわざわざ校舎まで行かないといけないんでめんどいし高いです。

その点、スタディサプリは夜寝る前とかにぼけーっと見ていてもいいし、家でできるし、メリットがでかいですね。

デメリットとしては、自分自身でやらないといけないことです。

 

まあどのみち自分自身でやれない人は、偏差値伸ばせないんで、自分自身でやるしかないですね!

 

かんたんめな参考書と問題集

 

ぼくは理系だったんで、理系科目に関してはおすすめの参考書まとめてるんで、見てみてください。

 

偏差値30~50くらいまでは定番で、分かりやすい参考書を使ってとにかく理解していくってことが大事ですね。

 

授業見る→参考書解く→分からないものは質問

 

これをループしまくるだけです。

どの分野でもループしまくるだけで、なんか変にハードルを感じる必要はないんですね。

 

例えば、関係代名詞ってすげーむずそうだ・・・まだやらなくても・・・

とか思う必要なくて、授業で考え方の基礎を学んで、あとはやるだけです。

 

偏差値50超えてきてどの分野も分かってきたら

 

あとはやるだけ!

って感じですねw

 

ぼくは自宅浪人したときが偏差値48からのスタートで、独学でやりましたけど、ある程度分かってきてればもうこなすだけ。

自分のメンタルをコントロールしながら、着々と淡々と日々やっていくだけのこなすゲーになります。

 

そういう淡々とやるってフェーズになってきてもメンタル面でつらくなることは多々あるんで、このブログに書いてある考え方みたいなのを参考にしてみてください。

 

まとめ

 

どの科目も偏差値30からやるなら、基礎を身に着けることが大事です。

 

そのためには

 

授業

人に聞ける環境

参考書と問題集

 

この3つがあればOK。

あとは行動に移してやるだけです。

 

何か分からないこととかったらコメントくれれば返すんで、参考にしてみてくださいねー。

 

関連記事