数学の勉強法

【偏差値70超える!】大学受験の理系数学の勉強法とコツを徹底的に伝授する

理系数学の勉強法

理系数学の勉強法&勉強のコツゥ!ってことで、書いていきたいと思います。

理系の数学で偏差値70超えるには、正しい手順や勉強法みたいなものをまず知っておきましょう!

言うまでもないですが、何も考えずにがむしゃらに勉強しても効率は最大化しません。

  • 戦略を持って!
  • 正しい方法で!

やることで、勉強の費用対効果は最大化します。

この記事を読んで信じて実践できれば、かなり数学マッチョになれるはずです!

実際にぼくもこの記事に書いてあるコツや勉強法で偏差値70にいけました。

ゆうと
ゆうと
めっちゃシンプル!ついてこーい!!

理系数学の勉強のコツ4つ

理系数学勉強のコツ

まずは理系数学を勉強するコツを4つだけ書いておきますね。

超すげえコツではないんですが、意識してるのとしてないのはかなり差がでるので、最初にコツを知っておきましょう!

ゆうと
ゆうと
頻出のとこやろー!ってのと、最初から解けなくてOKの2つが大事っスネ!

【コツ1】頻出分野に重点を置いて勉強する

理系数学って出題されるところに偏りがあります。

シンプルに書くと、まず微分積分はほぼほぼでるぞ!って感じで、頻出分野は意外と決まってるんですよね。

もちろん、「頻出分野だけをやってれば余裕になる!」ということはないんですが、出題されないところをたっぷり演習しても意味がないぞーっていう。

ゆうと
ゆうと
大学によるけど、図形の性質みたいなのってほぼでないっすよね!だからあんま時間割かなくてOK

理系の頻出分野はどこなのか問題

受ける大学の過去問を見るのが手っ取り早いですが、

  • 数学3全部
  • 数2Bほぼ全部
  • 数1A関数や確率とか

といった感じでしょうか。

あれ?意外と多いヤンケ・・・と思われるかもしれません。

さらにしぼると

  • 微分積分
  • 数列ベクトル確率
  • 関数やら

といったところらへんですね。

要は『1番出題されるところを重点的に演習しようぜ!』ってことになります。

ぼくだったら、基本的に数3ばっかやりつつ、たまに数学2Bと確率らへんをやってました。

現実的に全てを満遍なく偏りなく超得意にするのは無理なので、どこに1番力を入れるのかってところが大事ですね!

ゆうと
ゆうと
ぶっちゃけなくても、理系なら微分積分が1番出ますけどw

頻出分野は多めに演習していこう!

【コツ2】最初から解けなくて良い

理系数学でも文系数学でも、物理でも化学でも全部同じです。

「最初から解ける必要性は全くない!」ということ!

たまに

「最初から解けないとダメなんじゃないか・・・」
「答えを見るのはよくないなんじゃないか・・・」

という完璧病に襲われてる人が多いんですが、まじであかんです。

勉強は「できない問題や事項をできるようにすること(理解して覚えたり)」なので、そもそも最初からできなくていいのですよー。

ゆうと
ゆうと
理解して再現できりゃOK

理系数学も同じで、5分くらい考えて手が動かないなら、解説を熟読して再現できるようにしていきましょう!

最初から解けなくてOKOKできるようにする方が大事!

偏差値70超えてきたら考える時間を増やそう

ぼくの主観っちゃ主観なんですが、偏差値70くらいまでの大学受験の理系の数学は「考える力」よりも「理解して再現できる力」のが重要だと思います。

ぼく自身が受験生の頃に偏差値70あったんですが、「考えてひらめいて解いていける」という感覚よりも、「これ知ってるやん余裕」と思って解いていける問題ばかりでした。

考えるって知識をベースに成される行為なので、偏差値70までは基本的に

  • 理解する
  • 再現する
  • 反復する

という勉強をひたすりゃしてりゃいけます。

ただ理解して暗記していくだけです。(もちろんそれが時間はかかるのだが・・・!)

例えば、数3でやや頻出であり応用とされているY軸回転の積分とかも、「積分のY軸回転のやつってこうすりゃ解けるんだ」って最初から知ってれば解けるっていうw

ぼくが伝えたいことは変に「難しいんじゃないか・・・」という思い込みを捨てるのが大事ってことですね!

ゆうと
ゆうと
身軽に勉強していきましょうw

【コツ3】演習を多めに取る

すごい当たり前のことですけど、数学はかなり重めの科目なので演習量を多めに取りましょう。

目安としては理系だったら1日2~3時間くらいは数学したいかなぁ・・・。

浪人生なら5時間くらいやれるとよいですね。

ぼくも浪人時は数学を1日5時間くらいやってました。

そんくらい演習量を確保すると、偏差値70くらいは意外とスンナリいきます。
(楽ではないので注意!)

で!

ここからが重要で、「演習量」を多めに取ることです。

演習量ってのは何かっていうと、

  • 自分自身で解説を読んで理解する時間
  • 自分で手を動かして考えながら解く時間
  • 計算している時間

といった、自分で勉強している時間が「演習している時間」です。

よくあるのは、予備校や塾で数学を2コマ受けました!みたいなやつ、あれ密度低いですから注意ですよー。

ゆうと
ゆうと
自分の脳みそがフル回転して勉強してる時間を増やそう!

特に理系の場合はとにかく数学が重い(量が多い)ので、自分で演習する時間を確保するのがすげー大事です。

なんとなーく塾や予備校で授業受けてる~とかは、密度がゲロ低いので注意!

演習時間を多めに取るのが超大事!

【コツ4】計算力を鍛える

「計算力を鍛える・・・!」って超普通ですよね。

ただ、計算力はたくさん演習をしてるうちに少しずつ鍛えられるもんなんで、「しっかり最後まで計算しましょう!」ってことになります。

特に理系の場合って、積分あたりはごちゃごちゃした計算がめちゃくちゃ多いんで、解法があってても計算ミスって詰むのは理系数学あるあるだったりします。

本番でまじで悲しいのは、「解法分かってるのに、計算ミスって詰むパターン」です。

ゆうと
ゆうと
ぼくも本番計算ミスってまじで顔面真っ青になったのはかなりアルアルw

ちなみにぼくは早稲田の人科に入ったんですけど、試験中に数学の計算ミスってるのに最後に気づいてまじで焦った記憶が忘れられませんw

顔面真っ青ってよりは、顔面真っ赤にして最初から解き直しました・・・(笑)

「ヤベエエエエエエエエエエ!フゴオオ!!!時間ガアアアア!」てきな感じで、内心発狂してました。

言うまでもないんですが、本番って普段と同じ実力にはなりません。

緊張やら時間縛りのせいで、大体いつも以下の実力しかでないもんです。

計算力についても同様で、普段からチョイチョイミスるなら、本番ではボロボロミスります。

だからこそ、「時間の無駄!」とは思わずに数3とかはキッチリ最後まで解ききって見直しする習慣はつけたほうがいいです。まじで。

ゆうと
ゆうと
計算をキッチリやるクセをつけときましょ!

計算を普段からしっかりやろう!

【偏差値60まで】0から理系数学の基礎固め

理系数学の基礎固め

まずは、

  • 全範囲を終えること
  • 偏差値60に到達すること

を目標に勉強していきましょう。

理系数学頻出の微分積分は、なんだかんだで総合力が問われる単元です。

  • 関数
  • 方程式
  • 極限とか

といったところの基礎ができて、微分積分も解けるような感じ!

だからこそまずは、全範囲を終えて基礎をつけることが重要になります。

理系数学の偏差値60までの勉強法に関しては下の記事を読んで勉強していけばオッケーです!

ゆうと
ゆうと
まずは基礎を固めて偏差値60にしよう!
あわせて読みたい
数学の基礎固め
【大学受験】数学の基礎を固める参考書と勉強法【0~偏差値60】数学の基礎固めの勉強法と参考書についてまとめました。実は数学は基礎さえ固めれば偏差値60は超えてきます。偏差値60を超えるにはそこまで多くのことは必要ないので、この記事を読んで最小限の努力で最大の結果を得ちゃってください。...

【偏差値70超え】全範囲終了からの理系数学勉強法

理系数学の勉強
  • 理系数学の全単元の基礎を終えた
  • 偏差値60を超えた

というフェーズになったら、こっからは演習パラダイスになります!

具体的にやることは、「1対1対応の演習」という参考書をひたすらグルングルン頻出単元をメインにやればOKです。

メインは数3ですね。

1対1の演習が半分くらい定着する段階でほとんどの人は偏差値70くらいはでるようになると思います。

ぼくも、半分くらいしかできませんでしたが、偏差値70は超えてました!

偏差値60越えてきたら、下の記事を参考にしつつ演習パラダイスをしてください!

あわせて読みたい
偏差値60から70応用編
偏差値60⇒70突破!大学受験数学応用レベルの勉強法と参考書大学受験数学の偏差値55~60→70にする方法!この記事を読めば、偏差値70までの道筋が見えるはず!実際にぼくもこの記事に書いてる方法で偏差値70超えましたし、かなり再現性は高いと思います。...

理系数学のコツと勉強法まとめ

理系数学って難しそうですけど、手順通りやれば意外とシンプルです。

  • まずはコツを知る
  • 基礎を身につける(習う)
  • 徹底的に演習する

という手順でOK!

本当にこれだけですね。どの科目もですけど!

下の記事2つはレベルに応じて読んどくのをおすすめする!

あわせて読みたい
数学の基礎固め
【大学受験】数学の基礎を固める参考書と勉強法【0~偏差値60】数学の基礎固めの勉強法と参考書についてまとめました。実は数学は基礎さえ固めれば偏差値60は超えてきます。偏差値60を超えるにはそこまで多くのことは必要ないので、この記事を読んで最小限の努力で最大の結果を得ちゃってください。...
あわせて読みたい
偏差値60から70応用編
偏差値60⇒70突破!大学受験数学応用レベルの勉強法と参考書大学受験数学の偏差値55~60→70にする方法!この記事を読めば、偏差値70までの道筋が見えるはず!実際にぼくもこの記事に書いてる方法で偏差値70超えましたし、かなり再現性は高いと思います。...

「理系数学は難しい」と思われがちですが、正しい方法でしっかりとやっていけば必ず得意にできますよー!

↓読むと1.5倍くらい勉強の効率が上がるかも

あわせて読みたい
数学Ⅲ独学
【参考書は2つだけでOK】数3(数学三)を独学で勉強する方法数学Ⅲは参考書2つでOK!数Ⅲを独学で勉強するやり方について詳しく解説してます。「数Ⅲを独学で勉強したい!」「大学受験で勉強しないといけない!」という人はこの記事を読んで、数Ⅲの攻略法について学んでしまいましょう。数Ⅲの攻略法も実はシンプルです!...